FC2ブログ

悔し涙・・・

長女が中学生生活の集大成として臨む北信越中学校陸上2019

20190806_093847.jpg
快晴のもと、新潟市デンカビックスワンスタジアムで午後1時前から、
長女が出場する共通(要は、1~3年全て)走り幅跳びが始まった。

20190806_093116.jpg
新潟市は灼熱!ただスタジアムの日陰に入れば、
海風が通り抜けて思ったよりも涼しさを感じられるが、
選手は日光に晒されかなり暑いと感じながらの競技となるであろう。
その中でベスト記録を出して上位進出を目指す長女。

20190806_124530.jpg
北信越の強豪が集う今大会で有終の美を飾れるかどうか注目していた。
目標は長女自身のベスト記録5m26で、それをクリアすれば楽々決勝の8名に残れる。

20190806_115352.jpg

20190806_131307.jpg
長女の一回目!5mに届かず・・・う~んどうした?
そして2回目も5mに届かず・・・これは本当調子が良くないな。

その間トップは5m51を跳び、予選通過となる8位の記録も5m06
それ以上飛ばないとその時点で予選落ちが決まってしまうぞ。
ただ何度も重圧と戦い乗り越えていた長女を信じて見つめる3回目。

4m98・・・予選落ち決定!
その他の石川県勢2年生の二人はそろって決勝進出!

普段通りで行けば予選通過は当然、さらには3位にはなれたのに・・・
優勝は5m51を跳んだ富山県の2年生。これまた2年生に負けたのか。
石川県の2年生は3位と7位にそれぞれ入賞しただけに、
本当長女はこれまでにない悔しさがあったのだろう。

嫁さんと長女を励ましに行くと、悔し涙を流していた。
これまで何度も敗れた生徒が流して見てきた悔し涙を、
最後の最後で自身が流すことになろうとはね。

でもここまでよく頑張った。そのおかげで北信越大会まで連れてきてくれた。
私は長女を誇りに思っているし堂々と帰ってきて下さい。


お疲れさまでした!


by  加賀の武田信玄





スポンサーサイト

北信越中学校陸上競技大会2019

ついにこの日を迎えた。
1564997643784.jpg
長女が陸上・走り幅跳びで県大会を勝ち抜き、
北信越大会会場となる新潟市の「デンカビックスワンスタジアム」へ連れてってくれた。
北信越出場が決まった時は、それだけも嬉しく満足していたが、
長女はさらに上位を目指して、太ももを故障していながらも練習していた。

前日に新潟市に到着し、スタジアムで練習後に開会式があるので、
それに間に合うよう私と嫁は新潟へ向かいましたが、
途中私の仕事の関係で到着が午後4時半になっていまい開会式には間に合わなかった。

それにしても流石Jリーグ・アルビレックス新潟の本拠地。
とにかく大きい・・・

開会式を見ようと嫁をここで降ろして、私は新潟市内の仕事の取引先へ。
午後5時半に商談を終えて嫁とここで合流。
20190805_182943.jpg
スタジアムから徒歩で15分ぐらいのところにAEONモール新潟南クールダウン。

20190805_182704.jpg
AEONラウンジは本当涼しいな~
嫁さんは炎天下のもとを徒歩でここまできたので疲れ果てていたが、
冷たいもの飲み物を飲んで生き返ったようだ。

明日の北信越大会はどのような結果となるか?
中学生生活最後の集大成として良い結果が出るといいな~

ラウンジで寛いだ後は新潟駅前のホテルで移動。
今夜は新潟の美味しいものを食べて前祝としよう。

長女の宿泊するホテルも近くなので夕食前に立ち寄って激励してきましたが、
もうすっかり旅行気分になり浮かれている・・明日が心配だな。

by  加賀の武田信玄






「around」へ向けてキックオフ!

今年10月11~13日に開催が決定して産業振興イベント「around」
1555890871283.jpg

山中漆器と山中温泉に関わる観光部門が総力を挙げて開催するまであと2か月半・・・
このイベントの構想から開催までの時間がかなりタイトではあるが、
実行委員会メンバーの尽力により、開催へ向けた準備も佳境に入ってきた。

そんな「around」開催に向けて、参加協力をしていただく人たちの意識を高めてもらおうと、
他産地の成功例を紹介し、終了後に業種間交流を兼ねる企画「加賀Lobby」を開催した。
1563888410809.jpg
午後5時半から始まり、
加賀Lobbyの仕掛人であるセメントプロデュースデザイン・金谷勉氏と、
地域産業イベントを成功に導いた今日のゲストスピーカー・山田立氏による講演です。

line_34445107121291.jpg
金谷氏は漆器組合が出展する都市圏での展示会で専門家として招聘し、
「around」の企画、メインビジュアルなどをお願いしています。

山田氏は新潟県燕市に本社がある「玉川堂」に勤め、
燕市の地域産業イベントを企画しているプロデューサー。

会場の山中温泉・芭蕉の館は、
1563888398689.jpg
募集人数の50名に達し満員です。
参加者には「around」で工房開放に協力をお願いしている職人さんたちや、
観光やイベントに関わる人たちが二人の講演に聞き入っている。

1563926306748.jpg
山田氏が手掛けたイベントで、燕三条工場の祭典がある。
職人の仕事をオープンにし、
モノづくりの素晴らしさを理解してもらい商品をご購入してもらう。
山中漆器の良さを認知させ購買力を高めていくことを目指しているので、
同じ産地として見習うことが多々あるのではないか。

山中には温泉があることを忘れてはいけない。
この観光資源を大いに活用し、観光から漆器購買をつなげ、
さらには地域としての魅力を周知させて山中温泉に来てもらうこと、
もっと欲張れば山中温泉に移住して後継者不足解消の足掛かりにしたい。
これが「around」の大きな目的です。

お二人の講演後は、山中漆器と山中温泉の若手経営者とのトークセッション。
20190723_182117.jpg
地域イベントを開催するのはどうするか?何が必要なのか?
山田氏への燕三条はどのように開催できたのか?その経緯や失敗例も交えながら、
「around」開催へ必要なことをご教授いただきました。

line_34429170660568.jpg
漆器業界代表の「around」実行委員長のGさん、
旅館組合代表の「around」副実行委員長のYさん、
そしてその他の実行委員会メンバーで開催への意識を高める機会となりました。

1555890874860.jpg
とにかく内容盛りだくさんの10月開催「around」に皆さんご期待下さい。


加賀Lobbyは2部構成・・・講演、トークセッションの後は異業種交流会。
1563888403575.jpg
芭蕉の館・一階ロビーで引き続き行われた。
豪華料理を前に産地の未来を語る交流会。

1563888390902.jpg
何事も大事を成し遂げるにはこういった機会を多く開催することが必要。
山中温泉に一緒に住んでいながらこれまでに面識がなく、
初めて知り合った異業種の人たちとの交流を深める。
その全てが「around」成功につながると信じて、
今回の交流会は「around」開催へ向けたキッフオフ!ということになるであろう。

1563888371052.jpg
異業種交流会は7時から8時半までの時間でしたが、
あっという間に楽しい時間を過ぎていき最後に記念撮影。

「around」について少しはどういうことなのかご理解いただけましたか?
また情報は出来る限りここでお知らせしていこうと思っています。
よろしくお願い致します。

「SEE YOU around!!」


by  加賀の武田信玄















痛みに耐えて・・・

全日本中学校通信陸上競技大会が今日から二日間の日程で開催される。
初日は長女が出場する共通走り幅跳びが行われる。
共通・・・要するに1年から3年までごちゃ混ぜで優勝を競います。

6月末の県中学校陸上総体で長女はこの種目で優勝し、
同時に競技されていた1、2年走り幅跳びで、
長女の記録を上回った2年生女子がいる。
この通信陸上では全ての学年がエントリーし、
上位3名に与えられる北信越大会の出場権を争う。

年下には負けたくないという長女の負けん気が通用するかどうか?
もうライバルの2年生は背が高いし足も長い・・・こりぁ体格で劣ってしまっているよ。

20190713_094131.jpg
午前10時の開会式前に選手が事前練習をするサブグランド。
どっかで長女も入念に調整していることだろう。
県体後に太ももを痛めて、病院からはとても跳べる状態ではないと言われていたが、
北信越大会出場と全日本中学校大会(通称:全中)標準記録5m45を突破すれば、
全中出場決定の可能性もあるので、絶対出ると医者の言うことを聞かない。

20190713_100135.jpg
そんな長女に何としても結果を出してほしいと願い、
私も開会式から見に行く熱の入りよう・・・今日が中学生活最後の雄姿となるかもしれない。

午前11時半に走り幅跳びの選手たちが準備を始めるため出てきました。
さて長女は最初にどれだけ跳ぶことができるか。
先に良い記録を出してライバルたちの焦りを誘って逃げ切る作戦で勝ちたいね。
20190713_120752.jpg
が、一回目は少し踏切が合わなかったのかファール・・・大丈夫か?
それよりも足が痛いからなるべく早めに良い記録を出しておきたい。

ライバルの2年生は一回目に5m26を跳びトップに立つ。
さすがですね~もう見ているとふわっと跳んでなかなか落ちてこない感じ。
事前に予想した通り強敵でした。

勝つのは難しいと思った直後の長女2回目!
5m22を跳び肉薄!これで4回目以降も跳べる決勝進出が決まる。
かなりのプレッシャーがかかる場面でよく踏ん張った。
予選で上位8名に残らないと北信越出場の可能性が消えてしまうからね。

3回目まで終了し長女は3位につけて決勝へ。
そして決勝の4回目に、
20190713_124710_1.jpg

20190713_124710_3.jpg
これは良い記録かもしれない・・・5m26!惜しい!
トップを抜くことはできませんが、トップタイで自己ベストを更新!

トップの2年生はこの状況に少し焦ったのか?4回目をファール。
5回目に5m24!まだトップの記録は5m26のまま。

長女の最後の跳躍に単独トップと全中突破記録を目指したが、
記録は5m22!

ライバル2年生の最後の跳躍は・・・何とファール!
ということは同記録で優勝じゃん!ヤッター!!

が、しかし・・・
同記録の場合はセカンド記録(2番目に良い記録)が良い方が上位となるので、
優勝はセカンド記録の5m24を跳んでいるライバル2年生が優勝、
長女のセカンド記録は5m22なので惜しくも準優勝でした。

20190713_134633.jpg
足を痛めている状態の中、2年生には僅差で負けたが立派な準優勝です。
そして北信越大会への出場権も獲得できました。
まだ長女の競技人生は8月上旬の北信越大会(8月6日開催)まで続行です。

その北信越中学校陸上競技大会は新潟で今年は開催される。
新潟市のデンカビックスワンスタジアムです。
サッカーJリーグのアルビレックス新潟のホームスタジアム。
ここで北信越大会優勝を目指してほしいね。
もちろん私も応援に行きます!楽しみ~


by  加賀の武田信玄














5年ぶりのV奪回間違いなし!?

すっかり鳴りを潜めていた巨人ネタ。
そりぁそうよ~4年間優勝していませんから。

ただ今年こそは、
20190711_092536.jpg
昨日のナイターで2位阪神を破って敵地・甲子園で3タテ。
前半戦を2位に9.5ゲームの大差をつけて首位ターン。
やっぱり広島から獲得した丸の存在が大きく打線に厚みが出た。

丸が抜けた広島は交流戦で大きく負け越し、
さらには交流戦後一度も勝てず11連敗で前半戦終了。
ちょっとこれには予想外・・・広島は丸が抜けても優勝するだろうと正直思ってた。
まだ広島優勝の可能性はあるが、かなり厳しいだろう・・・
首位にいる巨人ですが、未だ広島に対する苦手意識は払拭できていないので、
広島のこの大きなつまづきは巨人V奪回への追い風となるであろう。

となると当面の敵は阪神、DeNAになるのか?
いやいや!やはり広島が私は一番怖い。ちょっと歯車がかみ合っていないだけで、
何かきっかけを掴むと5月の時のように一気に迫って追い抜いていく。
全く油断ができんよ。後半戦には直接対決がまだ14試合残っているからな。

20190711_092512.jpg
2番打者としての地位を確立させた坂本が前半戦のMVP。
そこそこ打つだろうとは思ったがホームラン25本、63打点という4番並みの成績。
打つ時の基本とも言える上から叩きつけるダウンスィングより、
坂本はその逆のアッパースウィングでホームランを量産しおのずと打点も増える。
2番最強打者とアッパースウィングでこれまでの常識を覆した。ただもんでない。

かなり前に高卒の同じ打者として松井と比べられることがあり、
まだまだ小粒の坂本を「松井に並ぶ」などと過剰評価するマスコミを、
私は「松井と比べることすら値しないし、スケールが違いすぎる」と言ったが、
ショートの守備力と勝負強さにリーダーシップは松井を凌ぐ打者なったかもしれん。

丸、坂本、ピッチャーでは中川、山口、桜井。
そして大エース・菅野が本調子になれば優勝は間違いないだろう。

何より原監督の采配が当たりまくっている。
原になれば優勝ができると復帰させて、今のところその通りになりそうだが。
本当名監督なのか?それともただただ運が良いのか?
運はかなり良いでしょう。

でも運だけでは勝てません。
要所に若手を使って奮起を促す采配に、捕手を競わせたりする起用、
時には非情とも言える交代もあるけれど勝利のためには手段を選ばない。
この調子でこれまで通りの非情采配と人材の適材適所登用で、
連敗をせず後半戦もこのまま突っ走ってもらいたいですな。


by  加賀の武田信玄


巨人の調子が良いまま何も心配なくオールスター休みに入るので、
明後日土曜日に迫った長女が出場する
「石川県中学校通信陸上大会」のことだけ考えよう。

県大会終了後、足を少し痛めた長女・・・
明後日に北信越中学校陸上出場権獲得と全日本中学陸上標準記録突破を目指し、
受験生であることもすっかり忘れて部活での調整が続いている。

北信越大会は新潟で、全国大会は大阪で開催されるが、
果たしてこの夏はどこまで進んでくれるであろうか?
足の状態がベストではないので高望みはできないが、
何とか北信越までは行ってほしいと願っています。













プロフィール

加賀の武田信玄

Author:加賀の武田信玄
ようこそ
インテリア クロック
オルゴールフレーム
by IKEDA CO.,LTD

StarFirstWatch

3ET製StarWatch
Present's by サンエタ

月別アーカイブ

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード