スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

懐かしい場所と新名所

東京展示会視察二日目は午前中から昼過ぎにかけて、
東京・浅草の都立貿易センター台東館の展示会を視察した。
main-visual_img03.jpg
東京都立貿易センターは私にとっても懐かしい、そして思い入れがある場所。
港区になる浜松町館とこの台東館に二つがあり、
浜松町館は現在リニューアル中となっているな~

台東館では昨日に続いて業界展示会が開催されており、
弊社の取引先も沢山出展しているので視察に行ってきた。
会場内では昨日浅草橋でお会いした小売店の皆様方とここでも遭遇するということは、
何日かかけて展示会を回ってまとめて仕入をしているのだろう。
店の売り上げを左右する大事な仕入をしている最中なので、
気軽に声も掛けづらいな~でもちょっとご挨拶させてもらって、
弊社商品の取引をお願いいておきました。本当仕事中に申し訳ないです。


その貿易センターのことですが、
浜松町館は私が過去に勤めていた会社が毎年新作展示会を開催していた場所であり、
台東館もその時期に担当していたデパートの催事が何度も開催された場所です。

浜松町館の展示会では、漆器メーカーが新作を発表する機会として、
デパートのバイヤーが商品を見定め仕入をする大事なイベントだった。
イベントとあえて言いましたが、私がいた会社もお祭り気分でバイヤーら来場客をもてないし、
賑やかで楽しかった良い印象しか残っていませんな。

当時漆器販売のデパート卸問屋の展示会として、
私自身も一社員としての誇りもあったし、デパートの人たちも楽しみにご来場されていた。
あの時のバイヤーさんやデパートの女子店員は今頃どうしているだろうか?
もうデパートにはいないだろうな~いたら相当出世しるだろうな~など考えてしまう。

もう20年くらい前の話です・・・。


by  加賀の武田信玄


台東館での視察を終えて地下鉄に乗って銀座へ向かった。
地下鉄銀座線・浅草駅から銀座駅へのこのルートも東京にいたときに良く乗ったな。
20170602_141229.jpg
銀座に着いたらこれが目に飛び込んできた!
GINZASIX!

20170602_134511.jpg
旧・松坂屋銀座店跡地に新築された大商業施設で、
中央部は大きな吹き抜けとなっていて、
天井から華やかな傘なのか?何か分かりませんが吊るしてある。
現在の銀座最大級の大型商業施設としてオープンしたばかりです。

20170602_134553.jpg
所々に凝った演出がされている。
都会のド真ん中に自然な心象を持たせるほっとさせる空間。

20170602_131554.jpg
ちょっと歩き疲れたので一服でもしましょうか。
最上階にはスタバもあり会社員たちが、
併設されている蔦屋書店で本を読みながら休憩している。

20170602_132403.jpg
この本屋も大きいな~銀座の一等地にこれだけのスペースがあるのは、
他の商業施設ではなかったのでは?
買い物をすると疲れますから、デパートには当たり前にあるレストランで休憩。
でもレストランではちょっという買い物客にはスタバのようなお店が喜ばれるであろう。
コンビニでもイートインスペースが最近増えているので、
デパートも時代に沿った趣向が求められているのであろう。

GINZASIXの後はその他のデパートも見に行ったが、
SIXにお客が流れているのでろう、銀座松屋も静かだった・・・。
銀座からは築地へ行ってみた。
ずっと見て回っていたので昼食を食べる時間を通り過ぎていましたので、
20170602_151622.jpg
今話題の築地市場もどうなっているのか見てきました。
もうこの時間で午後4時前になっていたので、
場外市場店舗は休憩中のお店が多かった。

実は私、築地には初めて行きました。
一体どんなところなのか興味津々。一応雰囲気だけは味わえました。
築地市場が豊洲へ移転するのかどうか分かりませんが、
移転することによって築地の未来を大きく左右しかねる。

どういう決断が下されるのであろう・・・?移転するだろうな恐らく。


















スポンサーサイト

東海地方へ

8月2日(火曜日)
夏真っ盛りでございます。
梅雨明け後に一気に暑くなり連日猛暑日が続く厳しい季節ではありますが、
子供たちのように「夏休み」という訳にはいきませんので、
暑さに負けずに仕事を頑張っていくしかありませんな。

暑い時期に少しでも営業と思い、
毎年のように出張へ行く東海地方へ。
20160802_081640.jpg
東海地方へは浜松市を皮切りに名古屋方面へ戻ってくるルート。
山中温泉から浜松市までは車で4時間くらい・・・だったかな。
浜松市手前には雄大な浜名湖S.Aがあるここで休憩。
早朝にも関わらすもうすでに気温は30℃・・・今日も暑くなりそうだな~

浜松からは少しづつ名古屋方面へ戻ってくるので、
豊橋、豊川、岡崎、安城と廻ってきて今日の目的地・豊田に着いた時には午後5時。
20160802_161420.jpg
日本経済を支えている「トヨタ」の本社前を通り、
何とか間に合い商談することができた・・・良かった。
このトヨタに来るといつも思うが、トヨタという会社全体でこの市を形成しているように、
まわり全部がトヨタ関連の社屋や工場・・・すごい市だな~
ここ最近は円高となっていることにより輸出が多い自動車産業には痛手だろうが、
トヨタに関してはそれを微塵も感じられない市内の様子だな。
実際円高は歓迎していないだろうが。

8月3日(水曜日)
豊田市を終えて一度名古屋まで一度戻って宿泊し、
この日は名古屋から西尾、碧南、そして名古屋市内、瀬戸と廻って、
最後に行きついたのは岐阜県大垣市。今回の出張も予定通り全ての訪問を終えた。
20160803_165707.jpg
大垣に来たのは何年ぶりだろうか?
以前に来たときに見れなかった大垣城を一度見てみたいと思い寄ってみた。

1600年に関ヶ原の戦いが起こる前に、
会津若松城の上杉を討伐するために、徳川家康が江戸から会津へ北上した隙をつき、
石田三成が挙兵して西軍が形成されて、家康を迎え撃つために、
この大垣城を三成が本陣としていた。実際に見ると小さな城だな~

20160803_165804.jpg
この門から家康の情報もなどを知らせる使者が通り、
また西軍諸将が軍議のためにここを幾度となく訪れ、
三成と軍議の場をもったと伝えられている。
色んな歴史ドラマを見てきたが、確かに大垣城で軍議をしている様子を何度も見た。

家康本隊が来る前に、東軍の先陣部隊(福島正則、黒田長政ら)に奇襲をかけるべきと、
宇喜多秀家や島津義弘が強く主張するも、
「奇襲や夜討ちは卑怯、正々堂々戦う」と主張する三成一人が断固反対。
この軋轢がのちに西軍の結束を乱す要因となってしまう・・・三成の気持ちは分かるが。

そんな三成がどう家康と戦うか思案した城がこの大垣城なのだ。

もうすぐ「真田丸」でも大垣城のシーンが描かれるかね~


by  加賀の武田信玄










関東への出張

7月26~28日の二泊三日で関東地方へ出張に行ってきた。
関東地方なので東京はもちろんのこと埼玉県周辺や
途中長野県などを経由するので車を走らせ毎年行っておりますが、
いつものこの時期はただただ暑かった印象しかない。

だが今回は関東地方はいまだ梅雨明けしておらず、
日中も涼しげな気温でしたね。過ごしやすかった。

26日は長野県佐久市を皮切りに関東へ向かい、
埼玉県に入ってからは深谷市、東松山市、所沢市、さいたま市と周りました。
埼玉県は県全体の面積は小さいですが、細かい市が沢山あります。
一県でも市の数は日本一だったような。小さい県なのにね~
また海に面していない県の県庁所在地の中では、
さいたま市が最大で唯一の政令指定都市なのだ。

そんなさいたま市に宿泊し、27日は電車に乗って通勤して東京都内へ。
何軒か午前中に営業し、午後から新規取引の商談をするため向かったのが、
20160727_144931.jpg
お客様の住所を確認して行ってみると、
なんとこの高貴な場所・・・て・て・帝国ホテルですか!?
これまでホテルに泊まったこともないし通り過ぎたことしかない。
帝国ホテルに隣接するインペリアルタワーには会社が沢山入っております。

20160727_145351.jpg
エントラスには帝国ホテルカラーのセブンイレブンもある。
コンビニにまで高貴なのかと思ったが、
それは看板だけで売ってものは一緒でした。
外観だけでも統一感があるだけで身構えてしまう私。

20160727_145544.jpg
もうこりぁ~ホテルだな~。

そんな一室での商談は、ビビリながらもなんとか終えることができました。
また新たなる取引先を得ることができそうですが、
お客様のご期待に応えることができるよう頑張らねばね。


by  加賀の武田信玄


帝国ホテルインペリアルタワーでの商談を終えた後は、
さいたま市のホテルに帰宅します。
その前に涼しいので日比谷、有楽町、銀座と市場調査を開始。
20160727_164152.jpg
最近新しくオープンした「東急プラザ」
東京はどんどん開発が進んで、来るたびに何か新しくお店ができている。

20160727_170525.jpg
お洒落な格子柄の大窓を見ながらティータイムできる。
田舎者には縁のない贅沢な空間の東急プラザでした。


28日朝からはさいたま市のホテルをチェックアウトし、
再び長野県を経由して帰路につく。
行きは佐久市、帰りは中央高速道路経由で松本市へ。
28日には関東も梅雨明けして夏本番を迎えたようです。
松本市は本当暑かったね~~

関東は涼しかったが、
結局は松本市の灼熱を体験して無事帰宅し終了です。











マツヤマ

毎年弊社の業務であるお客様への営業・・・
今年4月中旬に発生した熊本地震により、九州のお得意様は被害があった。

あれから2か月以上経過している今でも余震があり、
それに加えて今度は梅雨により豪雨・・・復興どころではない状況でしょう。

弊社としても九州地方への営業に年一度はお得意様を訪問しているが、
今年は行くとこすらできないかもしれない・・・
九州、四国と一括して廻っていた営業も、
今のところは四国だけでも行く必要があり訪問することにしました。

20160630_094338.jpg
6月30日(木曜日)早朝~
本州から四国を渡るルートは何通りかありますが、
今回はまずは香川県を目指すルートに決めましたので、
兵庫県から岡山県を通り、倉敷市から香川県の坂出市へ向かいます。

坂出市から瀬戸内沿いに西へ順々に訪問していき、
午後6時過ぎに愛媛県松山市に到着。
松山に泊まり、明日以降は松山から戻って徳島県へ行くことになっている。

松山市・・・何度か行ったこともあるし泊まったこともありますが、
20160630_183727.jpg
宿泊したホテルは繁華街「大街道」などがある中心街。
ここから有名な道後温泉は2キロぐらいで、JR松山駅付近に過去泊まったことはあるが、
そことはまた違った雰囲気のある賑やかな商業地。三越などもあった。

松山市といえば日本最古と言われている道後温泉本館を訪れた夏目漱石が逗留したり、
日露戦争を勝利に導いた秋山好古・真之兄弟の生まれ育ったところ。
歴史好きにはたまらないところなのよ~
またプロゴルファー松山英樹の出身地でもある。
松山市生まれの姓も偶然にも松山だったのか~?ちょっとした偶然でしょうけど。

宿泊するホテルから歩いて100歩も歩かないところに、
20160630_180228.jpg
司馬遼太郎原作の「坂の上の雲」にちなんだミュージアムがある。
過去にここに行ったこともあります。
秋山兄弟、正岡子規などの登場人物の説明や、小説の原稿なども展示されていたな。

秋山兄弟ゆかりの場所はほかにも歩いて行けるところにある。
20160630_181838.jpg
ここもホテルから歩いて5分ぐらいの位置している「秋山兄弟生誕地
ここで二人は生まれて育ったんだな~
道後温泉もあるし、四国の小さな町とはいえ松山市が故郷というは羨ましいな。

20160630_182040.jpg
見に行った時には開園時間が過ぎてしまって中には入れませんが、
門越しに中を見渡すことができました。

20160630_181859.jpg
兄の騎乗している姿が格好いい秋山好古の銅像。
日本陸軍の「騎兵の父」とも言われた好古は日清・日露戦争に参戦し、
日露戦争では世界最強と言われていたコサック騎士とわたりあった。
好古の活躍など日本陸軍の作戦が功を奏し、ロシア軍を撤退に追い込んだ。
NHKドラマ「坂の上の雲」では阿部寛が好古を演じて、
酒好きで、冷静沈着、時には陸軍首脳陣にも意見する姿を何度か見ましたね。
除隊後は松山に戻って学校長を務めるなどもした。

20160630_182013.jpg
その弟・真之は日本海軍に入り、
日露戦争では連合艦隊参謀として旗艦・三笠に乗艦し、
ロシアのバルチック艦隊は打ち破る作戦を立てて実行!
連合艦隊司令長官・東郷平八郎が日本海海戦の英雄とされているが、
それを導いたのは秋山真之と言っても過言ではない。
俳人・正岡子規とは幼なじみで松山から上京後も交遊していた。
NHKドラマでは本木雅弘が真之を演じて、
作戦会議において激高する真之を見事に演じていた。
面白かったな~坂の上の雲は。

そんな英雄たちを生んだ松山市。
何度行っても私のような歴史好きを心を熱くしてくれます。


by  加賀の武田信玄


松山市中心街の見下ろせる名城・松山城。
amap松山市
今回私は「東急イン」に宿泊しましたが、
その背後に松山城があります。ここも以前に組合青年部研修旅行へ行ったことがある。
DSC_0269th_.jpg
天守閣最上階からは松山市内や道後温泉を見渡すことができます。

道後温泉本館も行ったな~
DSC_0287th_.jpg
懐かしいの~みんなちょっとだけ若いな。
松山城天守閣は大小の天守閣と備える連立式で城郭の高さは低いが、
広大な山ごとが城郭となっている。なかなか他にはない城の作りではないでしょうか?

20160630_181220.jpg
松山城を築城したのはこの人物・加藤嘉明。
豊臣秀吉が信長亡き後の後継者を決める合戦の賎ヶ岳の戦いで、
先方として「七本槍」の一人として勝利に貢献した。

秀吉死後は、加藤清正、福島正則ら武断派の一人として、
石田三成ら奉行派との対立が激しくなり、
関ヶ原の戦いでも徳川家康の東軍に属して三成らと交戦。
結果東軍が勝利して、この松山の地を恩賞として賜った。
家康死後も徳川幕府に忠誠を尽くし、大阪の陣にも徳川方として参戦した。

豊臣家家臣として、徳川の世になってお家取り潰しになる大名が多い中、
藤堂高虎らとともに築城の名手であり政治手腕の高かった嘉明は、
松山から会津若松に移封されても死ぬまで大事にされた武将と言えるだろう。

現在放送中の「真田丸」にもいずれは出てくるかも。
「賎ヶ岳七本槍」の七将のうち、
加藤清正、福島正則、片桐且元、平野長泰がすでに登場しているが・・・
嘉明、脇坂安治、糟屋武則らの登場するのかな~?

























釣りができる居酒屋

大阪市内まで出張をする機会がありました。
大阪市内だけの仕事なら、朝特急に乗り込み、
その日のうちに帰るというのが多いのですが、
今回は朝には大阪市内にいなくてはならない仕事のため、
前日のうちに大阪入りしそのまま市内ホテルに宿泊。

宿泊したホテルの地下に一風変わった居酒屋がある。
20141021_185114.jpg
案内された座席は船の中・・・そして周りには水槽が・・・
知る人ぞ知る釣りができる居酒屋「ざうお
実は2年前に同年会・伊勢参拝旅行でも夕食を食べたところです。
大阪にしかないと思っていたら全国主要都市に店舗があるんですね~知らなかった。
2年ぶりで懐かしいな~早速、今回ここで夕食を食べることにしました。

20141021_180039.jpg
お客さんが魚を釣り上げて、お好みの料理にしてくれるんです。
自分で釣らなくても同じ料理を注文できますが、
自分で釣り上げて料理をしてもらったほうが割安なので、
私も釣りをしてみたが・・・この動きの速い「鯛」は釣るのは難しいので、

20141021_180106.jpg
えさがない釣り針だけで釣り上げる魚を狙いました。
ここにはアジやヒラメ、そして伊勢海老などを釣ることができますが、
早く何か食べたい私は全く動きがないヒラメをひっかけて釣り上げることに成功!

ヒラメをお好みの料理にできるので、
20141021_180801.jpg
最初にヒラメのお造り!これは身がしまっていてプリプリ!

20141021_181138.jpg
ヒラメの身をほぐして雑炊に。これも旨かった!

20141021_181948.jpg
ほぐした身とお造りで取り除いた後はヒラメごと唐揚げに!
揚げたてパリパリ!

自分で釣った魚を食べるのは美味しいね~
そしてお客様が魚を釣り上げるごとに、
大太鼓を鳴らして一本締め!
お客さんが次々と釣り上げるのでちょっとうるさいですが、
活気があって盛り上っておりました。

子供と一緒に大阪へ行ったらここへ行きたいね~
多分大喜びするだろうな。


by  加賀の武田信玄










プロフィール

加賀の武田信玄

Author:加賀の武田信玄
ようこそ
インテリア クロック
オルゴールフレーム
by IKEDA CO.,LTD

StarFirstWatch

3ET製StarWatch
Present's by サンエタ

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。