あの感動作が映画化!だって

そんなに頻繁ではないが、たまに読書をしている私・・・
読む本は小説ばかりで、
最近では「下町ロケット2」などの原作で知られる池井戸潤の小説や、
東野圭吾のサスペンス、百田尚樹の時代小説、村上春樹の話題作など、
好きな作家の本を全て読みたいと思っています。

その中の一つの小説、
514Ap6IHQWL__SX353_BO1,204,203,200_
上下巻からなる百田尚樹のベストセラー小説が映画化されるとニュースが。
これは面白いぞ!

戦前、戦後から石油販売に命をかけた人物の物語を、
百田尚樹氏の「永遠の0」の映画で主役を務めたV6の岡田准一が、
再びここでも主役に挑むようです。

泣けます!感動します!映画の公開が早くも待ち遠しいです。
どんな内容なのかは?ここでちょっと書いていましたね。

また読みたくなる本でもあります。


by  加賀の武田信玄


原作本を読んで、映画化、ドラマ化される作品が多いですが、
その一番とも言うべき「下町ロケット」を毎週日曜日に見るのが本当最近一番の楽しみかも。

見ていない人は絶対見ると面白いよ。
見逃した人は、動画サイトでも見ることができるから便利だな~

さてこの後どうなるのか?知っているけど、
どうドラマで描かれるのか?ワクワクするな~


スポンサーサイト

なんだかな~

俳優の阿藤快さんが亡くなったというニュースを聞いて数日が経ちました。

0341f1d3dc061225703e98df30bb44bc.jpg
写真は毎週楽しみにしているドラマ「下町ロケット」に出演していた阿藤さんです。
主人公・佃の会社の顧問弁護士をしていたが、
結局は阿藤さん演じる田辺弁護士では勝てないと判断した佃らが、
弁護士を変更したいと言った途端に、怒りを露わにするシーン。

阿藤さんの怒り声は響き渡り、激しい口調でツバも飛んでいたような・・・。
阿藤さんが演じるときにはツバが飛ぶシーンをこれまでも何度か見てきたな。

阿藤さんと私の出会い?は、
私が小学校から中学生になる頃だったと思うが、
田原俊彦主演の「教師びんびん物語」だろう。
田原演じる徳川龍之介が教師でその同僚役でした。
身体の大きい阿藤さん演じる長曾我部先生の印象が強く残っている。

何度もビデオで見たな~
思えば教師びんびん物語はフジテレビ月9の先駆けとして始まった。
それ以来月曜日9時のドラマを見ることになっていったように感じますね。
徳川龍之介を見て教師を目指した私の友達もたくさんいます。
だから私の周りには先生が多いのか?

阿藤さん、そして同じく教師びんびん物語で同じく同僚教師だった
萩原流行さんもそういえばバイク事故で亡くなったな。
この二人が同じ年に亡くなってしまうなんて・・・「なんだかな~」って思ってしまう。


by  加賀の武田信玄


そして下町ロケットの話。
ロケット編が終わって、パート2のガウディ計画に突入。
事前に原作本を読むことも終えて予習はバッチリです。これまた面白いぞ。

また阿藤さんの名台詞「なんだかな~」を、
第六話終了後の予告で、阿部寛が言っていたのは、
阿藤さんへの哀悼を込めたアドリブのようです・・・
ドラマも泣けるけど、阿藤さんへの思いがそうさせたんでしょう。
阿部寛ますます好きになってしまうな本当。




野球も終わったことだし・・・

プロ野球は予定通りというか、ソフトバンクの日本一で幕を閉じた。
やはりこのソフトバンクを倒すのは巨人しかしないのか?
といってもセリーグはどこも弱すぎる!ヤクルトにも勝てなかった巨人が、
日本一を目指すなどもってのほかです。

原監督退任、そして高橋由伸新監督なった巨人の、
来期の奮起を期待しています・・・
金本の阪神もいいね~掛布二軍監督というもファンにはたまらないのでは?
セ・リーグの他球団のチーム力アップも期待したね。今年はどこも弱すぎたからね。


もう野球も終わったしドラマや。
まずはいつも楽しみにしている相棒14!これは面白い!意外と新相棒の反町がいい!
ネットでの新しい相棒について感想が出ているが、
反町たかしがあんなにいい役者だったか!?という意見が多かった。
これは見逃せない!


そしてなんといっても「下町ロケット」や!
61dKzMZwVuL__SX343_BO1,204,203,200_
しかも私の知らない驚愕の事実も発覚!!
今の帝国重工を相手にロケットを作るという話が前半のストーリーで、
後半は現在朝日新聞に掲載中の「下町ロケット2」のストーリーだとか。

原作を読んで、ドラマを見て、
「あっ!なるほど!ここであいつが出てくるのか~」などという、
ストーリーの結末を知っている現在放映中のパート1の後は、
私が原作を知らない「ガウディ計画」が続けて始まるだなんて!聞いてないよ。

しかも朝日新聞購読してないし、どんなストーリーか分からないよ~
これまた期待が大いに高まる後半のストーリーになりそうやね。

現在のパート1の配役がいい!
阿部寛のつねに目が充血したような眼は演技なのか?

立川談春が、ルーズベルトゲームとは違って今度は味方の経理部長。

吉川晃司は原作の財前よりも恰好良すぎるが、
見ていて迫力がある!全く違和感ない。

山崎開発部長役の安田顕の顔芸がおもろい。
大泉洋らと一緒に若いころやっていたバラエティー番組に出ていたころに比べると、
本当出世したよな~どうしても昔のイメージで見てしまうが、
今回は重要な役などでふざけないでやっている。

挙げたらきりがない豪華俳優陣がどうドラマを盛り上げていくか楽しみです。

朝日新聞見てみるかな~


by  加賀の武田信玄












ドラマの新番組

つい先週ぐらいのインターネットのニュースで見たが、
今一番の売れっ子作家といえる池井戸潤原作の小説がドラマ化される。

池井戸潤といえば、何といっても「半沢直樹」シリーズの小説や、
現在放送中の「花咲舞が黙ってない」など、
銀行の不祥事に切り込む内容のストーリーがドラマ化されて面白い。

そして10月からの新番組で、
d3b43c027e1a58d149107509d42ed787.jpg
直木賞受賞作の「下町ロケット」が阿部寛の主演でドラマ化されるんだって。
しばらく熱心にドラマを見てないけど、これだけは見てみようと思います。
今から楽しみです。

ストーリーは半沢直樹やルーズベルトゲームように、
最後はスカッとするような内容なので、
原作を読まなくても十分楽しめると思いますよ。

主人公の佃という小さな町工場の社長が、
町工場が所有していたロケット開発の特許を、
大企業から譲ってほしいと依頼されるが、
佃は自社でのロケット開発をあきらめることができず断固拒否します。

でも資金繰りに困っている小さな会社なので、
倒産は時間の問題と言われていたが、
卓越した職人たちの技術を見た大企業の人たちが目を見張り、
一緒にロケット開発を成し遂げる内容。

小さな会社でも一つでも他社にはない技術を持っていれば、
何事も成し遂げることができるストーリーは私も勇気づけられた記憶が残っています。

倒産寸前の会社のために特許を売ってしまうか?
それとも夢を追い続け違った方向で可能性を見出すか?
主人公・佃の葛藤している姿を阿部寛がどう演じるかね~

ちなみに娘役で、NHK朝ドラ・まれの主役を演じた土屋太鳳ちゃんも出るみたいよ。


by  加賀の武田信玄

菅原文太 

また一人大好きな俳優が亡くなったというニュースが!
b6bf2cb0c4202329cf87bbbf05d7857e.jpg
この人です。菅原文太。
「仁義なき戦い」、「トラック野郎」などで強面の俳優としてのイメージが強かった。

そんな文太さんが出演したNHK大河ドラマ「武田信玄」で、
幼少期から大人になるまでの信玄をさせた板垣信方を演じていた。
thK912GNOZ.jpg
若いな~でも見ていて格好良かったです。
板垣信方とはどのような人物だったかというと、
信玄を幼少より育てた人物として後世に名を残しています。

信玄が父・信虎を追放した時も、
板垣に打ち明け、板垣がその他の家臣を説き伏せて、
信虎追放に成功する。その後信玄が当主となり、
戦国最強の騎馬軍団をつくることになる。

しかし信方の最後は、
自分の力を過信し、無謀な戦いを仕掛けた若き日の信玄を諌めようとしたが、
反対され信方の死をもって信玄を目覚めさせようとし戦死してしまう。
それ以後の信玄はこの教えを守り、
家臣団の意見に耳を傾けて、それ以後一度も戦に負けなかったとか。

ドラマでもそこが描かれて、文太さんの熱演が印象に残っている。

その他はドラマ「古畑任三郎」で田村正和演じる任三郎の元上司の刑事役。
任三郎が「MOSバーガー」を文太演じる・小暮元刑事に食べませんか?と勧めると、
文太さんが「これは旨いな古畑!モスラバーガー!」と言ったことやね。
ドラマのセルフとはいえ、マジで笑っていた自分でした。

あとは最近では「千と千尋の神隠し」の釜じい。
「お~いメシだ~チビども~!」というセルフ。
私の嫁はこの文言はよく使っているぞ!

そういえば、千と千尋の神隠しは最近放送されたな~と思っていたら、
高倉健追悼の「幸せの黄色いハンカチ」と同じ時間に放送されていた。
その時は文太さんの死は明らかになっていなかった。

高倉健と菅原文太。
ビックスターでした。
映画が重なって放送されたのことに運命を感じずにはいられない。


by  加賀の武田信玄


信玄の守役・板垣信方。
戦国ファンにとっては知らない人はいないと思います。
信玄が大成することを誰よりも先に見抜き、
常に信玄の相談役として支えた。

そしてその板垣信方の子孫として名を残すのが、
20130506 132342
この人物!私の長男ではなく(歴史に名を残す人物になってほしい)、
銅像の人物・板垣退助!
この写真は岐阜城の麓にある岐阜公園にある板垣の銅像。
岐阜での遊説中に刺され重傷を負ったところ。
刺された時にあの有名な「板垣死すとも自由は死なず」と名言が生まれた場所。
その後板垣退助は国会設立などに尽力した人物として、
今でも国会議事堂内にも銅像が立っています。

信方と退助。
板垣という苗字も同じなことから関係があるのかな~と思っていたら、
やはり関係があったんだな~






プロフィール

加賀の武田信玄

Author:加賀の武田信玄
ようこそ
インテリア クロック
オルゴールフレーム
by IKEDA CO.,LTD

StarFirstWatch

3ET製StarWatch
Present's by サンエタ

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード