もっと楽しみたかったが

深夜3時からの大一番を見るために早く寝て午前2時45分にテレビの前に座る。
ロシアサッカーW杯の決勝トーナメント一回戦:日本対ベルギーを見るためだ。

この大会でのベスト布陣で臨む日本代表イレブン。
結果はどうなるか?試合開始からお互い手探りの状況から、
途中ベルギーの攻勢になるたびに肝を冷やす。

ベルギーが押し気味で前半をスコアレスで終える。
私の「危ない!」「やばい!」などの奇声に気づいた妻がのそのそと起きてきた。

前半の日本大健闘の様子を見て、見るに値すると妻も判断したのか、
一緒に後半開始から日本を応援している矢先の後半始まって間もなく。
ピンチを逃れ、中盤で乾から柴崎へボールが渡りそこから前線へスルーパス!
パスが来ることを信じて右MF・原口がダッシュで駆け上がりパスがつながった。

「シュート!シュート!打て!」と絶叫!
原口はすぐにはシュートせず一度タイミングをずらして右足でシュート!
20180711_154153.jpg
これが見事に決まり日本が待望の先取点を挙げる。
一点を守るのかと思いきや、追いつきたいベルギーに対して素早いカウンターを仕掛け、
香川がためて乾にパス、そして乾が眠気を吹っ飛ばすミドルシュート!
これも決まってしまう!2-0となりこれは勝てるかもしれない。かもしれないである。
絶対勝ったとはまだ思わなかったが。
でもまさか本当にそのあとベルギーに追いつかれることになるとは。

そして目を覆いたくなる衝撃的な信じられない、
信じたくない幕切れやった。
20180711_160627.jpg
勝負事は勝たねばなりません・・・でも今回の日本には感動してしまったな。
本当惜しかった。あと少しのことで・・・でもこれが世界との差と言われているが。
もっともっと強くなってほしいな。

20180711_154346.jpg
この大会大活躍した乾を慰める本田・・・この写真にジーンときてしまった。
この試合の無念さを物語る一枚の写真だな。
乾が2点目を決めた時に、本田が乾を出迎えているシーンを見て感動し、
アディショナルタイムで延長かと思ったら衝撃の失点・・・
二人のやるせない思いが伝わってきました。

ちなみに私は乾のようにお腹が引き締まってないので、
ユニホームで涙をぬぐうことはできませんが。
乾169cmしかないのに、今回の活躍は本当大きく見えたし頼もしかった。


また4年後にどうなっていますかね~??


by  加賀の武田信玄
















スポンサーサイト

祝!決勝トーナメント進出

ロシアサッカーW杯の日本代表が、
決勝トーナメント進出をかけたポーランドとの一戦。
引き分け以上と、
負けてもセネガル対コロンビア戦の結果次第で予選通過できる。
この条件だけを考えるてもかなり有利な状況で、
ポーランド戦を迎えたことになるのだが。

9.jpg
まさかここまで追い込まれてギリギリの予選突破となるとは思わなかった。
もう一試合の結果に関係なく決まればいい、
決まるだろうと考えていた私が甘かったのか。

ポーランドに後半ゴールを許しリードされ、
このままだと予選敗退・・・まさか・・・やっぱ甘くないなと思った矢先、
何とコロンビアが先制!という速報が飛びこんできた!
ならどうなるん?このまま両試合終われば日本決勝トーナメントに進出できる。
もうそんなこと言わず点を取りに行って、
引き分けに持ち込めば何も心配ないじゃん。

しかし・・・日本イレブンの動きが何かおかしい?
あれっ?諦めたん?どういうこと?ポーランドも何でボールを奪いに来ないの?
一瞬何が起きたのか分かりませんでしたが、
もしかして?・・・そのまさかの「もしかして」である。

スタメンを大幅に入れ替えていた日本は、最後の交代要員に長谷部を投入。
これで実況席やスタンドも日本の意図を確信してか、
騒然となりスタンドからはブーイングの嵐。
さらに時間稼ぎのボール回しが継続される。ポーランドは一人怪我をしているのに、
日本のボール回しでボールがラインを割らない・・・よって交代すらできない。
でもポーランドはそれでもおかまいなし。勝ってますからね。

そのまま試合終了。セネガルは猛攻を見せるも、初戦日本に敗れたコロンビアが、
そのまま勝てばグループ首位で予選突破となるだけに必死の防戦。結果はコロンビア勝利。

日本決勝トーナメント進出でベスト16!ヤッター!!なのか。
見ていて不思議な感じがしましたが、
私は西野監督がアトランタ五輪でブラジルを破りながらも、
得失点差で予選敗退ししたことを思い出した。
他力でも何でも良い!どれだけ試合後に批判を浴びようが結果が全てだと。
すごいな~この状況での決断力に実行力。

しかも温存した選手たちが疲労感を持たずに決勝トーナメントに臨める。
そこまで考えていたのか?たまたまか・・・?
本当に主力の温存のためだったとしたらすげぇ~ことだな。
それともセネガルがコロンビアに追いついたらどうしたのだろうか?
どうもにもならないし、そのまま予選敗退だよ。
このハイリスクハイリターンという賭けに大興奮してしまった。

決勝トーナメント一回戦のベルギーにはどのような秘策で立ち向かうか?
何だかやってくれそうな期待が。日本頑張ってほしいですね。


by  加賀の武田信玄


土曜日と日曜日休日は長女の県中学校陸上競技大会です。
20180701_091634.jpg
土曜日は応援のみで、
日曜日に長女が出場する「中学1,2年の部・走り幅跳び」あった。
県陸上競技場のビジョンも新しくなっていました。
成績やレースの映像もこのビジョンに映し出される・・・。迫力あるね~さすが県体や。

午前9時に競技が始まり、
20180701_103257.jpg

20180701_100456.jpg

20180701_104516.jpg
予選を通過して7位で迎えた4回目に自己ベストとなる4m87を飛ぶ!
この時点で4位に浮上するもその後記録を伸ばせず4位入賞で終わった。
優勝は何と1年生でした。2位も一年生・・・
年下に負けて長女はかなり悔しかったでしょう。
来年の奮起を期待ですね。5mは最低でも飛ばないとな。

長女は残念な結果でしたが、
1530434943327.jpg
さて誰でしょうか?この丸坊主の男子は?
私の弟の次男がやってくれましたよ。
富山県の陸上競技大会で小学生80mハードルで見事優勝!そして全国大会出場!
おめでとう!!予選、決勝とベストを更新しても栄冠だったそうな。

全国大会は夏休みに、日本サッカーの聖地の一つ・日産スタジアムである。
サッカー日本代表と同じく頑張ってもらいたね。

















勝ちましたね!!!

4年に一度のサッカーの祭典、
というよりオリンピックよりも盛り上がるサッカーW杯。

開会2か月前の代表監督解任、その後のテストマッチ不振など、
あまり期待させていなかった日本代表でしたが、

20180621_123517.jpg
グループリーグの初戦で見事勝利!盛り上がるねこれは!
しかも前回大会の最後にボロ負けしたコロンビア相手に雪辱できた。
前回大会の最後予選3戦目で負けてからの
今大会の初戦だから2回続けて戦ったことになるんだな。こんなことも珍しい。

私はサッカーは大好きではないけれど、
国を背負って臨む代表チームが勝ってほしいし、応援するのは当然じゃない。
君が代が流れた時は涙が流しながら鼻歌で歌った。流行りに乗かって、
「サッカーより野球のほうが好きなもんが」と言われそうですが、
良い結果が出たことによりサッカーも好きだと言ってもええやろ。
下馬評を覆す結果をもたらした代表チームへありがとうと言いたいです。

20180621_123724.jpg
西野監督はあの「マイアミのキセキ」を演じた時の五輪チームの監督。
今回の勝利はブラジルに勝った時ほどのキセキでもないですが、
格上のコロンビアに退場者が出て有利な展開だったのに物足りないという人もいるけども、
結果、勝ち切ったのだから私は本当よくやったと思うよ。
強豪国相手では数的有利を生かすこともできないで負けることもありますから。
あとはブラジルに勝っても予選突破ができなかった
アトランタ五輪のようにならないことをお祈りします。

20180621_123637.jpg
次の相手はセネガルか。
日本がコロンビアに勝ち、セネガルとポーランドが引き分けてくれと思ってましたが、
ポーランドエースストライカー・レバンフスキーが徹底マークされて、
何もできずにセネガルに負けてしまった。
組織的な守備とスピードを生かしたカウンターでポーランドに勝ったセネガル。

セネガルとの一戦は勝ったほうが予選突破確実となる
日本にとっても大一番ですね。勝てないかな~

日本は勝ちたいけどまずは勝ち点を絶対取ることが必要ですね。
そのためには失点しないこと。点を取られなければ負けない。

もし先に点を取ってリードしたら攻めないで、
FWを下げて4バックから5バックにする。
自陣にボールを入れさせないくらいがっちり固めて勝ち切ってほしいね。

コロンビアに勝って夜の楽しみが増えました。


by  加賀の武田信玄



サッカーW杯でアジアのチームが南米のチームに勝ったことがなかった。
今のところ、南米勢は苦戦しているようなので、
優勝はドイツか?いゃっドイツも初戦で負けてたので、
フランスかスペインか?ポルトガルやベルギーもあるかもしれん。

私の予想は南米勢苦戦中とはいえブラジルかな。

よし!タコやライオンのようにどっちが勝つか予想するんじゃなくて、
優勝予想をしてみます。

優勝:ブラジル
準優勝:スペイン OR ポルトガル
三位:ロシア
四位:メキシコ OR スウェーデン


ブラジルは予選をトップ通過して優勝候補筆頭。
決勝トーナメントの組み合わせにより、
ベルギーを推したいがブラジルとベスト8で当たりブラジルが勝つ。

スペインは予選リーグを首位で突破したことで決勝までブラジル戦を回避可。
ポルトガルが予選トップなら決勝まで行くのでは。

ロシアは開催国の意地で勝ち上がる。
ベスト8で対戦が予想されるフランスにも勝つ。
プーチンが見守ってるからホームでは結構強くなるんですよ。

アルゼンチンは「よろしくメッシ」と流行語になりそうなくらいメッシに頼りきっているので、
メッシが孤軍奮闘するも良くてもベスト8止まり?

そしてドイツ・・・かなり厳しいのでは。
私はメキシコとスウェーデンが予選突破するとみた。
韓国はドイツの足を引っ張れるか?そうなれば本当この通りになるかも。


日本は予選トップで決勝トーナメントへ。
一回戦でイングランドを倒すが・・・ベスト8で敗退。でも過去最高の成績!

ってな感じの予想を勝手にしてみました。
当たったら何かください。

























初参加

日曜日休日に、
金沢城リレーマラソンに出るから車で送ってよ」と、
先日から嫁さんにお願いされていたアッシー役。

前日の土曜日も長女の加賀地区新人陸上競技大会があり、
辰口まで送迎と応援に出かけていました。
長女は中学一年走り幅跳びで3位という結果を出してくれた。
が、優勝したのは同じ加賀市内の女子で、
この子を倒さないと加賀市で一番にはなれません・・・
今後の練習がもっと必要でしょうね。

そんな長女も参加するという今回初参加のリレーマラソン。
リレーマラソン?なんじゃそれは?リレーかマラソンかはっきりせんかい!
でも金沢城リレーマラソンという名はCMなどでも何度か聞いたことがあった。
果たしてどんな大会なのか?

今回の送迎も久しく行ってない金沢城を見れるならと、
私も気軽に引き受け、嫁と長女が走るのを応援するのが目的。

20171015_110728.jpg
リレーマラソンなので、マラソンの距離をチームで走破するタイムレース。
フルやハーフといった参加者が選ぶことができて、
会社の同僚や学校の部活動などでチームを作って参加するようです。

20171015_110748.jpg
コースは金沢城内の一周2キロコースを襷を繋いで走ります。
城内を走るので余計な交通規制もないということね。駐車場も空いてましたし。

ただ嫁さんと長女が出場するのは、
今回から設定された4時間耐久レース・・・いくらチームで入るとはいえ、
4時間内で何周コースを走るかを競う部門。
20171015_123555.jpg

20171015_112202.jpg
一周2キロだから1チームの人数が多いほど走る回数も変わります。
嫁さんらのチーム人数は9人ぐらいだっただろうか?
長女が第一回目の走りから嫁さんに襷を渡すところです。

20171015_113121.jpg
ハロウィンが間近に迫っていることもあって、
嫁さん、長女も特殊ペイントをしての力走です。

こんなの4時間も応援し続けるのはちょっと無理だよ~
ランナーの皆さんには申し訳ないが私は城内を散策させていただこう。
20171015_120733.jpg
入場門の石川門は通りすがりの際にも何度も見る光景も、
いざ城内をゆっくり見てまわるのも本当久しぶりです。
以前城内を見たのは金沢大学が、
書角間の新キャンパスへ引っ越した後だからな~ここに学舎があったとは思えない。
五十間長屋は新しい金沢城のシンプルともいえる豪勢な城郭。

運よく石川門の中が無料で開放されていましたので、
20171015_115937.jpg
何度も外観は見たことがあるが、
中に入ったのは初めてです。

20171015_120111.jpg
石川門の窓からは観光客がどんどん入城してくる。
戦時には門と門に閉じ込めて一斉射撃を食らわすことができるが、
金沢城は戦争の経験がなかった。でも備えあれば患いなしである。

20171015_120356.jpg
五十間長屋の入城門である橋爪門。
この門から城内二の丸への玄関口で、
この櫓も復元されて、金沢城特徴であるのモノトーンがシンプルであるが綺麗。

二の丸は現在は広場として開放されていて、
しばらく歩き続けてみると、
20171015_122343.jpg
加賀藩二代藩主・前田利長の正室であった玉泉院屋敷跡地に庭園がある。
三代藩主・利常が造園した手入れの行き届いたこの庭園も整備されている。

夜はライトアップされた庭園の様子をテレビで見たことがあるが、
思っていたよりの小さい庭園ですね。
接待の時は兼六園を使って、この庭園は藩主に内庭なんでしょうか?

玉泉院丸庭園からは坂を下れば、
旧石川県庁跡のしいのき迎賓館が歩いてすぐです。
金沢城と市街地のアクセスもかなり便利になって、
観光にショッピングを楽しめます。

私も東急ハンズまで見に行ってきました。
ハンズもあるしロフトもある・・・金沢もちょっとした都会やん。

私の散策中も4時間耐久レースは続いている。
昼食時間もとっくに過ぎて、タイムリミットは午後2時45分。
そろそろ城内へ戻ってみましょう。
20171015_144820.jpg
チームで4時間走り切って感動のゴールシーン。
最終ランナーは襷を受けて、コース途中で4時間耐久レース終了。
チームメンバーで途中まで出向かえてこの日のレースは全て終了した。

ランナーの皆さんお疲れ様です。
私も我慢してお昼を食べずに待ってましたので、
早速お昼ご飯にしましょう。
もうとっくに空腹を通り過ぎていましたが・・・

リレーマラソンの来たおかげで、
変貌を遂げた金沢城を見てまわることができてうれしかったです。
リレーマラソンはかなり人気があり、
年一回から、春・秋と二回の開催となったようです。
また月末には金沢マラソンもあるし、
マラソンブーム真っただ中ですね~


by  加賀の武田信玄


マラソンと言えば、ドラマ「陸王」もそれにまつわる物語。
今夜から始まるからこれまた楽しみが一つ増えました。


















加賀温泉郷マラソン2017

昨年天候が悪くて開催できなかった「加賀温泉郷マラソン」
今年は天候も良く無事開催されました。

私が出場するということではありませんが、
長男が中学校陸上部に所属しているので、
マラソンと一緒に「加賀っ子駅伝」も同時にレースがあるので、
その応援とお世話に行ってきました。

マラソンのスタート地点と同じ加賀市陸上競技場から、
駅伝もスタートし、加賀市の小・中学生が襷を繋いで42.195キロを走破する。
20170416_091905.jpg
駅伝は3チーム(山中温泉、山代温泉、片山津温泉)に分かれていて、
長男は片山津チームの第7・ランナーとしてここから襷を受け取る。

20170416_095306.jpg
飲み物たけではなく果物や塩まで用意されている。
この第六エイドは万代書店の近くにあり、AEONの社員さんたちが物資と用意していました。
各エイドで近くのお店などの協力があってはじめてマラソン大会が盛り上がるということですね。

20170416_100924.jpg
出番を待つ長男へ、先導している先生から私の携帯へ連絡が!
長男の片山津チームがトップで前の中継所を通過しこちらへ向かっているとのこと。

20170416_100348.jpg
その前を悠悠とフルマラソンの先頭の二人がデットヒートを繰り広げている。
早いな~私らが全速力で入るスピードよりも速いのではないか?

20170416_101341.jpg
そして長男も襷を受け取って、ここから山代温泉総湯までの3キロがスタート。
リードを保って渡せるか?

長男のスタートを見届けて私は山代温泉総湯へ車で向かう。
マラソン開催中ということもあり、遠回りをして山代温泉総湯前に到着したら、
すでに長男は襷リレーを終えていた・・・良かった箱根駅伝みたにブレーキにならなくて。
ブレーキにはなりませんでしたが、後続の中学の同僚に追いつかれてしまったみたい。

20170416_104910.jpg
山代温泉総湯前でもご当地らしい食べ物が多く用意されていて、
ランナーたちも食べながら走るというか、ゆっくり味わって食べていました。

しばらくここで走っている人たちを応援して、
集合場所のゴールの陸上競技場へ長男を連れて向かおうとしていたら、
20170416_110318.jpg
ゲストランナーの増田明美さんがランナーたちと一緒に山代温泉にたどり着いていた。
駅伝を走った二人と記念撮影!!増田さんが通り過ぎるランナーとハイタッチをして応援してた。

その後ゴールの陸上競技場へ戻って、
20170416_120245.jpg
昼食です。ランナーには当然ただで振る舞われます。
が、一人弁当一つです・・・食べ放題かと思ってましたが、
大会としてゴールしたランナーへ用意するものはこれだけのようです。

20170416_120239.jpg
エイドと言われている休憩所でできるだけ食べておきたいですね。
エイドなら食べ放題ですから・・・でも食べすぎると走れなくなるのも辛いし。
もっとゴール地点に完走したご褒美に、
もっともっと振る舞いの食べ物を用意したらどうでしょうかね。
お弁当以外は結局は販売している飲料店ばかりでしたので。
個人的にもしマラソンを走ってゴールした時に、
これ以上お金を使わないで食べれたら嬉しいな~と思っただけです。
別に批判でも文句でもありませんからね~

食材だけではなくほかにも経費もかかるし、
予算的には赤字覚悟のマラソン大会ですが、
昨年とは違って開催できたことは良かったと思います。

私も応援していただけも楽しかったです。






















プロフィール

加賀の武田信玄

Author:加賀の武田信玄
ようこそ
インテリア クロック
オルゴールフレーム
by IKEDA CO.,LTD

StarFirstWatch

3ET製StarWatch
Present's by サンエタ

月別アーカイブ

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード