生の英会話を感じるいい機会

土曜日休日です。
私の長男は来週実施される期末テストに向けて、
本来なら部活動が休みになるのですが、
通信陸上競技大会にもしかしたら出場するかも?しれないということで、
今日、明日と開催される石川県中学校陸上競技大会に出場する部員同様、
前日金曜日まで部活動がありました。

出場するなら練習するのも仕方ないけど、
出場するかも、もしかしたらだれかが怪我した場合に出場するなど、
たらねばの場合には休みにしてテスト勉強をさせてほしいと親の私は思うのですが。

そんな長男は、私のように文句を言うことなく、
部活をしてから帰宅してテスト勉強・・・
頑張るな~とっくに当時の私を越えてるよ。

そんな県大会がある今日は出場しないので、
ゆっくりテスト勉強をするのかと思いきや、
20160625_134449.jpg
何ですかこの会は・・・?
これまた県陸上大会が行われているのに、
石川県教育委員会が主催する「サタデー英会話セミナー」に参加するというので送っていった。

20160625_141803.jpg
小松市、能美市、加賀市の中学生を対象に、
金沢大学の留学生と直接日本語NGで会話をするという試み。

留学生たちは国籍が様々・・・ポーランド、インドネシア、スペインなどの留学生が参加。
何でアメリカじゃないのか?と聞いてみると、
「アメリカ人はとにかく早く喋ってしまうので」と、
英語もできる第三国の留学生をわざと呼び寄せたようです。
極力今の中学生と似た環境の留学生ですが、みんな英語はペラペラのようだ。

5つのテーブルに分かれて英会話を生で感じているようです。
とても良い機会ではないでしょうか?

英語の授業が今はどうなのか分かりませんが、
私たちの時代はとにかく英単語や文法を覚えさせられた記憶しかない。
この授業のように、
簡単な単語でまず何でも話す機会を与えるだけ大事なのでは?
ちょっと人前でスピーチするのが恥ずかしそうでしたけどね。

20160625_134843.jpg
今回の授業ではペアになった生徒のことを、
「この人は池田隆人さんです。山中中学校に行っています。」
と紹介することから始まり、自己紹介をするまで英会話で話すところまでしていた。

これが第一回目の授業で、
今後もあと何回か忘れたがあるようです。

こういう授業なら子供たちも楽しく英語ができるようになることは間違いないかも。
わざわざ外国へホームステイさせる必要もない!


by  加賀の武田信玄


実際に外国でのホームステイを経験した長男も、
久々に英語だけで話すことをちょっとは思い出したかね~?もう忘れていただろうな。

期末テストも来週に迫り、1週間前になっても部活もあり、
こんな英会話セミナーに行ったりして勉強時間が少なくなっているだろうが、
この逆境をどう克服するか?自分を信じて乗り越えてほしいです。








スポンサーサイト

キャンピングカーフェスティバル 2016IN北陸 石川

20160619_132827.jpg
休日日曜日。
中学2年の長男も部活動が休みのため、
そろばんの進級試験から帰宅した長女を待ってお昼前に行ってきた。

一言に「キャンピングカー」と言えるものが一斉に展示販売しているということで、
事前から前売券を手配して家族4人揃って見てきました。
高校生以下無料というもの嬉しいな。

20160619_140823.jpg
多くの家族連れや老後の楽しみ?とも言えようシニアの夫婦などを多く見かけました。
展示してある全てのキャンピングカーをじっくり見て回りましょう。

20160619_134223.jpg
これは小さな軽ワゴンタイプですが、
天井に伸びて、そこに寝室という感じになっておりますね~
キャンピングカーは大きいから、運転するのが大変そうと思っている人にはいいかも。
価格ももうちょっと高いのかと思ったら意外とそうでもない。だからと言って買うという訳ではない。

20160619_142352.jpg

20160619_134720.jpg
ハイエースと呼ばれる車種でも、シートを敷き詰めて、
寝るときは背もたれを中央にセットしてベットに早変わり!
先日行ってきた新潟の時のサロンのようだ~
シンプルな作りですがこれもなかなかいいね!だからと言って買うという訳ではない。

20160619_142603.jpg
こんな畳を敷き詰めた和室タイプもあった。
窓は障子にもなっていてこれまた欲しくなる内装です。だからと言って買う訳ではない。

20160619_135930.jpg
車体の大きさは大小様々ですが、
基本水回りやベット、冷蔵庫、ガスコンロ(中にはIH対応)や電子レンジが当たり前に装備されている。
大きな車体となればシャワールームやトイレまであるね。

20160619_141934.jpg
運転席と一体化したキャンピングカーだけはなく、
牽引するタイプも沢山展示されています。
この車両部屋を引っ張って遠くへ遊びに行っても良し、
駐車場に置いて、漫画「タッチ」のような南と達也・和也の別室にしても良し。

20160619_135752.jpg
子供たちも別荘タイプの牽引できるキャンピングカーがお気に入り!
ここならもっともっと勉強ができるまで言い放つ子供たち・・・本当かいな!
良~~し!! でも買うと決めた訳ではない・・・。

20160619_143248.jpg
私の一番のお気に入りは、やはり一体化したこのタイプ。
運転席上部のベットもかなり広くて、

20160619_144147.jpg

20160619_144156.jpg
長男もついつい見とれてしまうくらいの設備。
子供たちと一緒にキャンピングカーの乗って旅してみたいと、
見に行って強く思いましたね~

私の同業であるどっかの会社常務さまのように、
戦車のような高級車を買うというのも羨ましいですが、
同じお金をもし持っていたら私はキャンピングカーのほうが欲しいね。

何度も言っておりますが、
だからと言ってすぐに買う訳ではありませんが、
大きな夢であるキャンピングカー購入することができるようになりたいです。はい。


by  加賀の武田信玄











父の日のプレゼント?だって

またまた懸賞の料理教室に行くことになった。
今回は森永製菓と地元・台所のマルエーの共同企画。

父の日の前日ということで、
森永製菓の食材を使ってのカップケーキをお父さんにプレゼント!
というのが目的らしいが、その父である私がいてもいいのかな~?

まぁいいか~お昼を食べれるので一緒に作ってみるかな。
いつもの料理教室とは違って、イタリアンや豪華和食ではなかったのですが、
サラダやパンという軽食を作って、その後にカップケーキを作ることになっている。
20160618_125410.jpg
今日は加賀地区中学校体育ブロック大会がある日。
私の長男が所属する陸上部はもう大会が終わっているので、
大会に参加している生徒以外は学校に登校している。
よって今回はもう一人の娘を連れてきました。

20160618_130430.jpg
パンも上手に焼けているでしょ。

20160618_130409.jpg
パン、シーザーサラダ、パンプキンスープ。
これた全て森永製菓の食材から作った昼食。
さらには飲み物はココア。もちろん森永ココアね。

20160618_130340.jpg
末っ子の娘!?も楽しそうだ~ココアばかり最初は飲んでいたが、
私がただかき混ぜただけのドレッシングがかかったサラダを旨そうに食べてた。


昼食後はメインのカップケーキ作りです。
20160618_134918.jpg
これまた美味しそうだぞ~っていうか作っているときから思いましたが、
かなり甘そうだな~と誰もが思うくらいの砂糖やチョコを使っていました。
さらに森永のベストセラー「小枝」、「いちごチョコボール」まで盛ってある。
マジで甘そうだわ~

このカップケーキが本当に父の日のプレゼントになるようです。
私の場合は自分で作って、自分で食べるという自作自演で父の日終了です。


by  加賀の武田信玄









話題の本

表題の通りの話題の本?というより、
もう話題だった本と言ったほうが良いかもしれない。
2215.jpg
舛添東京都知事のニュースが毎日報道されていますが、
元東京都知事の石原慎太郎が書いた衝撃作!
いつだったかな~?
中居正広の「金スマ」で、石原本人が出演してこの本について語っていた。

以来早く読みたいと思い続けていましたが、
買うことなく、地元図書館にリクエストしてひたすら順番が回ってくるのを待っていた。

図書館司書の人、
お待たせしました!
ようやく順番がきました。まだまだ順番を待っておる人が多いので、
期日までに返却下さい。

とプレッシャーをかけられましたが、やっと借りることができました。

よ~し!!待ちに待った話題作だから1~2日で読んでやろうと意気込んだが、
内容が面白いので、読み返したりすること度々・・・2日じゃ無理だなこりぁ。


その気なる内容は、
「俺は・・・」から始まるので、一瞬!田中角栄が書き残した自叙伝なのか?
と思うくらい、生い立ちから総理大臣就任、
その後のロッキード事件のことが書かれている。

何で当時総理大臣の座をめぐって対立していた福田赳夫に味方していた石原氏が、
田中角栄のことがつぶさに知っているかのように書くことができるのか不思議。

そしてロッキード事件の真相まで書いてある驚きの暴露本にも思える。
田中角栄という政治家が本当どういう人物だったのか読めば分かるね。
金権政治の中心人物として後世に語られているが、
真実は一体??? この本に書いてあることが真実なのか???

興味がある人は読んでみてね。
ちなみに地元図書館でこの本を待っている人は、
私から12人も待っていらっしゃるようですよ~


by  加賀の武田信玄









プロフィール

加賀の武田信玄

Author:加賀の武田信玄
ようこそ
インテリア クロック
オルゴールフレーム
by IKEDA CO.,LTD

StarFirstWatch

3ET製StarWatch
Present's by サンエタ

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード