スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

桔梗信玄餅

8月13日(土曜日)早朝~
甲府市内のホテルで一泊した私たち家族は、
朝早起きして早速行動開始!

20160813_070037.jpg

20160813_070135.jpg
甲府市内から車で15分で目的地の桔梗屋の本社工場へ向かった。
朝7時前には到着したものの、
お目当ての「桔梗信玄餅」詰め放題できる整理券をゲットできなかった。
何という人気ぶりだろうか・・・

お昼の情報番組「ヒルナンデス」などでこのことが取り上げられて以来、
平日でも満員状態が続いている詰め放題。
一個150円の桔梗信玄餅が、詰め放題200円という考えられない値段でできる。
賞味期限が迫ったものばかりの信玄餅ですが、
これだけ安いと毎日行列ができるのも仕方ないかもしれない。

でも朝早く行けば詰め放題に参加できるのではないか?と思っていた私は、
整理券をゲットできなかったことがショックでしたな。

20160813_070017.jpg
桔梗屋専用のコンビニまでありますね~
詰め放題の整理券がなくなっても、工場に隣接するアウトレットにも行列が。
流れにまかせて、このままではホテルに戻れないので、
アウトレットでお得に今回の旅行土産を買うことにしようかな。

桔梗信玄餅は全て詰め放題のほうに回され、
アウトレットにもなかったことには驚きましたが。

当初の目的を果たせず、甲府市内のホテルに戻りました。
今回の富士山を見たさに始まった家族旅行は、
結局富士山を見ることなく終わりました・・・いつごろ見れるんだろうね~


by  加賀の武田信玄


甲府とといえばやはり信玄公です。
IMG_20160813_194647.jpg
最高です!

しかし信玄亡き後は武田家は滅亡へと突き進み、
あえなく織田信長によって滅ぼされてしまう。

武田家を憎み、信玄をずっと恐れていた信長にとって、
信玄死去、そしてその後の武田家を滅ぼすことが、
天下統一するに匹敵する喜びであったのではないか?

武田家を滅ぼして天下を手中にした信長も楽になったのか?
怖いものがなくなったのか分かりませんが、
気が狂ったかのような振る舞いで、謀反で武田家滅亡と同じ年に死んでしまう・・・。

その後の戦国時代は皆さんもよくご存じだと思うので書きませんが、
20160813_093515.jpg
甲府市内中心部にある甲府城。
武田家滅亡、そして信長死去の後、甲府は徳川家康が治めるが、
豊臣秀吉の天下統一後は秀吉の家臣・浅野長政が治め、
関ヶ原の戦い後は再び家康が治めることになります。

徳川幕府成立後は、5代将軍徳川綱吉の時代に、
尾張・紀伊・水戸の御三家と同等扱いを受けた徳川綱豊(三代将軍家光の孫)が城主となり、
5代将軍・綱吉に跡継ぎがいなかったため、のちに徳川家宣として6代将軍となる。
悪評高き生類憐みの令などの廃止したことなどで、
国民の絶大な人気を誇っていたが、家綱・綱吉に続いて跡継ぎが幼少の時に急死していまう。
幼少だった7代将軍・家継も長生きできず、徳川本家からは将軍を出すことが困難になったため、
紀伊藩主だった暴れん坊将軍・徳川吉宗が8代将軍となるのです。

綱豊も将軍になるとは思っていなかった以上に、
吉宗もまさか自分に将軍の座が巡ってくるなどとは思っていなかったでしょうね。
のちに将軍になった人物が城主だった甲府城。
私も何か良いご利益を!!と思って見て回ってきました。
綺麗な城でしたね~~


あ~旅行も終わってしまったな。
またどこかへ行きたいな~









スポンサーサイト

山梨名物

8月12日(金曜日)夜~のお話ね。
世界遺産・富士山を拝むために始まった今回の家族旅行2016もあとわずか。
富士山を山梨県側から静岡県側とグッと一周してこの日宿泊するホテルへ。
甲府市に着くとすっかり日が暮れておりました。
ただ、富士山周辺で過ごした時よりも当然ながら蒸し暑く、
さらに盆地の甲府ということでどこよりも暑く感じられたな。

ここからはこれっといった予定もないので甲府でゆっくりしよう。
まずは夕食をどこかで食べないといけませんね~
山梨名物か甲府名物どちらでもいいから、
何か夕食にふさわしいものはないかな?

甲府名物なら鳥もつ煮や地鶏などがあるが、
山梨県に入った時から、
S.Aのお土産としても売っていた「ほうとう」なるものが気になった。
「ほうとう」や「桔梗信玄餅」は山梨名物の代表的なものなので・・・
20160812_203013.jpg
夕食は「ほうとう」を食べることにしましたよ。
ほうとうは、小麦粉を練ったものをざっくりと切った麺に、
野菜を味噌仕立ての汁でじっくり煮込んだ山梨の郷土料理。
家族4人で違った味噌味の汁を各自選んで食べてみました。
麺もきしめんのように太くて歯ごたえがあり、
野菜も大きく切ってあるので、一つ一つが大きいのでかなりの量でした。
4人で二人分でも十分だったかもしれませんが、
みんな完食して満腹になりました。美味しかったよ~

食べ終わったころにはすっかり甲府市内は暗くなっておりました。
今回の旅も残すはあと一日となりました。



by  加賀の武田信玄


富士山拝める可能性があるのも残り一日・・・
甲府は盆地なので、周辺は山山山・・・
どの山が富士山かもわからないじゃないの~













白糸の滝?白糸ノ滝?

8月12日(金曜日)午後2時~
富士サファリパークパークを満喫した私たち家族は、
再び車で富士山をぐるっと囲むように走り出し、
次に向かったのは世界遺産・「白糸の滝」・・・?
富士宮市にある白糸の滝は、ホームページを見ると「白糸ノ滝」と表示されている。
果たしてどちらが正しいのか分かりませんが、
確か同じ名前で、軽井沢にも「白糸の滝」があることを教えられたが・・・。

どちらでも良いとして、私たちは富士宮市の白糸の滝へ。
B級グルメの代表格「富士宮焼きそば」が、
この日の遅い昼食として食べました。
Fujinomiya-yakisoba[1]
白糸の滝近くのお店で食べたので、
駐車場としてお店に駐車して白糸の滝を見に行ってきました。

20160812_153840.jpg
滝に向かうまでにはお土産店が軒を連ね、
お土産を見ながら歩いていくと、豪快な音を立てた滝が!
これが白糸の滝ではなく、正反対の轟音が響く「音止の滝」です。
声がかき消されるくらいの大きな音でした。

それから徒歩で数分・・・
20160812_154552.jpg
坂を下ると橋の向こうに白糸の滝が見えてきた。
もうこの付近から涼しげな空気が漂っってくるって感じですね~

20160812_154836.jpg
滝を見渡せるポイントで水を汲み、
今度は間近でマイナスイオンを浴びまくりましょう!!

20160812_155048.jpg
本当白い糸のようにゆっくりと流れている。
見ているだけで癒される。

20160812_155343.jpg
滝から流れ出ている川で遊んでいる子供たちもいました。
見てるだけで十分涼しいので、川遊びをしたらちょっと寒いのではないかね。

この白糸の滝の上にも、
本来はというか富士山が見ることができるのですが、
20160812_155445.jpg
富士山がもう見えないだろうと私ら家族は諦めモード。
でも何より涼しくて、日常とは違った空間で過ごすことができました。

富士五湖からぐるっと回って白糸の滝まできましたので、
そろそろこの日の宿泊先へと向かいましょう。


by  加賀の武田信玄


滝と言えば、3年前の養老の滝での長男に続き、
20160812_155642.jpg
長女が豪快に、富士山の湧水を飲み干す!!
飲み干せません・・・
果てしなく湧水が流れ落ちている白糸の滝でした。












富士サファリパーク

8月12日(金曜日)朝~
キャンピカ富士ぐりんぱ」のトレーラーハウスインデッキで宿泊し、
朝食、そして朝風呂を大浴場で入ってサッパリ。
チェックアウトの11時まで富士山の麓でゆっくり過ごした。
相変わらず涼しい・・・っていうかちょっと寒いくらいです。
連日の猛暑日を過ごしてきた時に比べると本当天国です。20160812_100501.jpg
快適な朝にトランブを興じる子供たち。

P1020051.jpg
昨夜のバーベキューから楽しく過ごしたここともお別れです。
さて次なる目的地へ出発しよう!

キャンピカぐりんぱから車でちょっと下った場所が次の目的地。
safaripark24[1]
本当車でちょっと下っただけでもう「富士サファリパーク」到着!!
ケードを車のまま抜けるといきなり車の窓を開けてはいけないデンジャラスゾーンに。

P1020062.jpg

P1020066.jpg
クマを見てた次はライオンの群れ。
百獣の王はとにかく怠けているので寝てばかり。
でも怖いな~超近いし。

P1020074.jpg
肉食系はライオン以外にも、トラ、チーターなどがいましたね。
動物好きの私や子供たちにとっても、サファリパークは動物園とは雰囲気が全然違う。

20160812_115800.jpg
デンジャスゾーンを抜けた後はエレファントゾーン。

20160812_120026.jpg
いるわいるわ!大きな糞が転がっているところに群れをなすゾウたち。
のっしのっし歩きまわっておりますな。
ぞうさんもサファリパークいるときの方が動物園よりも元気に見えた。

エレファントゾーンから草食動物ゾーンへ。
20160812_120826.jpg
サイだ~

20160812_120737.jpg
初めて見たということではないが、
サイを何頭も見たのは初めてかもしれない。動物園には意外といないのでは?

20160812_121041.jpg
このゾーンは草食動物たちが、肉食系の動物から解放されて、
キリン、しまうま、シカ、ラクダなどがのびのび過ごしていますね~

20160812_121118.jpg
キリンが私たちの車へ接近していた・・・

P1020108.jpg
しまうまも近寄ってきました。愛想のよい動物たちに囲まれてゆっくり車を動かす。
自分の車で回れるので時間も関係なく好きな動物たちをゆっくり観察できますよ。

20160812_120948.jpg
みんなで仲良くして下さい。

20160812_122827.jpg
バッファローは水に浸かって気持ち良さそうだ。

20160812_122356.jpg

一通りサファリゾーンを回って、
その後も園内にはふれあいゾーンなるものがあり、
20160812_130304.jpg
カンガルーや小動物たちともふれあいができます。
サファリゾーンで一時間ぐらい、ふれあいゾーンで一時間半ぐらいいたかな~。

20160812_134034.jpg
昨日までは行こうかどうするか迷っていたサファリパークですが、
子供たちも来てよかったよ言っていた。
実は私も小学校高学年の時に両親に連れて行ってもらったことがある。
その時は大雨ではっきりと動物たちを見ることができませんでした。

あれから30年経ち、自分の子供たちとここに来れて良かったです。
動物に熱中しすぎて「富士山」のことはすっかり忘れてしまいましたね。
ちなみにまだ富士山・・・見えません。お~~~い!どうなってんだよ~~!


by  加賀の武田信玄





























富士山山麓は涼しかった

8月11日(祝・山の日)午後3時~
山中湖で「KABA」を満喫した私たち家族。
本栖湖、精進湖、西湖、河口湖、そして山中湖の富士五湖に別れをつげて、
山梨県から県境を超えて静岡県へ向かった。
この時点で未だ富士山は姿を現していないけど、
山梨県からの「裏富士」が見れないのなら、
静岡県からの「表富士」なら見れるのではないか?
(山梨県の人は決して「裏富士」とは言わないみたいですが・・・すいません)

静岡県御殿場市から富士山へ向けて車も徐々に登って着いたのがここです。
20160815_115605.jpg
キャンピカ富士ぐりんぱ
その名の通り、キャンプサイトやログハイスなどを備え、真横には遊園地もあるキャンプ場です。
もうここは富士山二合目に位置しているのでこれまたとても涼しいところだな。
静岡県からの「表富士」も少し雨模様ということもあり雲がかかってまだ見えない。

でも今は富士山二合目にいるのだからそれで良しとして、
今晩はバーベキューをしてアウトドアを満喫しましょう。

キャンプ場なのでテントを張っている家族、
また設備が充実したログハウスで泊まる人など家族によって様々なここでの過ごし方があります。
我が家は・・・
P1020030.jpg
テントでもログハウスでもなく、牽引式の「トレーラーハウス」で泊まることにした。

P1020029.jpg
玄関前には雨が降っても大丈夫なデッキがあり、
ここで火を起こしバーベキューの準備や!

20160811_145419.jpg
早くランタンばかり触っていないで準備を手伝ってくれよ~
長男と長女はここで泊まると聞いて大喜びでした。気に入ってもらって私も嬉しいよ。

さてトレーラーハウスの中はどうなっているかというと、
P1020039.jpg

20160811_150252.jpg
梯子をかけてロフトに入ると、今晩寝る子供たちの寝室がある。
子供はこういうちょっと狭いところが好きなようですね。

20160811_145443.jpg
私たち夫婦はその下の寝室で寝れます。

20160811_145455.jpg
ユニットバス、冷蔵庫、エアコン、システムキッチンなどを備えたホテルの一室のような部屋です。
快適でいいな~「これじゃキャンプじゃない!」と文句言わても反論はしません。

さてさてバーベキューの準備が整ったようです。
P1020041.jpg
肉などの食材は家から持ってきました。
デッキには備え付けのバーベキューコンロもあるので至れり尽くせり。
バーベキュー後も火を見ながら、今夜はゆっくりここで語りあかそうか?

20160811_171858.jpg

P1020040.jpg
バーベキュー最高!
涼しいところっていうのがいいよね。
真夏にキャンプするのは暑くてつらいからな。

20160811_154210.jpg
夕食を食べ終えたら後片付けをしてキャンプ場内を散策してきましょうか。
トレーラーハウスだけも大小人数によって違う大きさのものが並んでおります。

フロント付近にはテントでキャンプを楽しみ家族のための炊事場、そして大浴場まであった。
20160811_152443.jpg
ユニットバスでもいいけどせっかく大浴場があるのだから一回は入浴してみよ。

大浴場から坂を下って歩いていくと、
20160811_152930.jpg
テントを張ってキャンプを楽しんでいる家族がいますね~
でも今日はちょっと雨だから可哀想だな~それもキャンプなんですけどね。

20160811_153250.jpg
トレーラーハウスもいいけど、このようなログハウスもいいよね。
ここを予約する時にどんな施設がいいか迷っているうちに、
だんだんと予約が埋まってしまい、結局私らはトレーラーハウスにした経緯がある。
ログハウスのほうが宿泊費が安いからだろう。もっと早く予約すべきだったが。

20160811_153142.jpg
メルヘン気分を満喫できる「シルバニアファミリー」もモチーフにした宿泊施設も。
ここに泊まるのは高そうだな~

楽しいキャンプ場なのでまた来てみたいところです。
前日夜から朝早起きして寝不足だった私は、
今夜は語り明かしたいけどゆっくり休み、
次の日以降の楽しい旅に備えることにしましょうか。
天気が良かったらとなりの遊園地で遊んでもいいしね。


それにしても富士山・・・まだ見えないが・・・
このまま姿を見せることなく終わっていますのかな~?
「KABA」や「キャンピカ富士ぐりんぱ」のHPには雄大な富士山が見えているのにな。

地元の人でもなかなか見ることができないものだろうか?


by  加賀の武田信玄



















富士五湖

8月11日(・木曜日)朝~
前日夜から出発した甲斐があり、予定よりも早く富士山周辺まで行くことができた。
この日の予定はお昼前から富士五湖の一つ・山中湖での楽しみを予約していたので、
その時間に遅れないように早め早めの行動となった。

午前9時半に富士五湖の一つである本栖湖に着いた。
20160811_082456.jpg
さぁ~ここから見える富士山は、千円札にもなっているこの場所からの景色。
千円札と一緒かどうか見比べるために寄ったのですが・・・

20160811_083124.jpg
左下に映っている長女が不機嫌になるのは仕方ないかな。
今の時点では富士山を見ることができなかった。そう簡単に見ることができないのか?
ちょっと不安になる私ら家族一同・・・

でも次に行く山中湖はそうではないだろうと期待を込めて行ってみよう!
20160811_110213.jpg
う~ん?山中湖からも同じような感じで、
雲というよりモヤが掛かっていて富士山が見えないじゃんかよ~

この山中湖では水陸両用バスを乗ることになっている。
その名も「KABA
山中湖からなら見えるだろう・・・今度こそ!
20160811_112112.jpg
頼むぞ~KABA!!
私ら家族は写真の左側のKABA1号車に乗船。

20160811_114411.jpg
山中湖周辺の森林コースを走った後は、
いよいよ山中湖へダイブです。

20160811_114415.jpg
ついにKABAが山中湖へダイブして、ここからは湖での遊覧開始!
目的の富士山はどうだ~?
せっかく今年から祝日になった「山の日」に合わせて富士山を見に来たのに、

20160811_115657.jpg

20160811_115033.jpg
山中湖からもこんな状態でした。
本当残念ですが気候による影響だから仕方ないかな。

山中湖の上はかなり涼しいです。
出発してきた時は猛暑でしたが、
このあたりは別世界です。こんなに富士山の付近が涼しいとはね~それだけも気持ちがいい。

まだ富士山を見る機会は必ずあります。
今度はもっと近くへと車で行ってみましょう。


by  加賀の武田信玄









「FUJI」 見たさに・・・

私の地元は、山中温泉F町という。
Fとはその名の通り、「富士」が見えるという意味でF町となっているのだが、
同じ富士でも富士写が岳が良く見えるということです。

今回は私の希望で本物の「富士山」を近くで見てみたいと思い、
嫁にも仕事を休んでもらい家族旅行の計画を無理やり立てた。
そう簡単に富士山を見に行くと言ってもかなりの暴挙であると自負してます。

8月10日(夜)~
山中温泉を午後10時過ぎに車で出発し、
次の日11日までに出来るだけ富士山が見える近くまで行こう。
11日の未明に長野自動車道・姨捨S.Aで仮眠を取り、
朝5時前に再び車をスタートし、
20160811_051050.jpg
中央高速道路・諏訪湖S.Aまでたどり着いた・・・
諏訪湖だけではなく、今回の旅行は湖を何度も見ることが予感させる旅がいよいよ始まったな。

NHKラジオでリオ五輪の柔道男女ダブル金メダルを聞いて眠気をぶっ飛ばし、
午後6時半に双葉S.Aで朝食。
20160811_062612.jpg
武田信玄像が置いてあるS.Aで持参したおむすびとラーメンを食べた。
そこで再びリオからの朗報が!
体操・内村が個人総合を逆転で金メダル!
今日は早朝から金3つとは幸先がいいの~~

私たちの旅もこれから楽しいことがありますように!
そして富士山を近くで拝めることが果たしてできるだろうか?
近くにいるのだから間違いなく雄大な姿が見ることができるはずや。
楽しみですね~~


by  加賀の武田信玄






小学六年生長女の親子行事

小学六年生の長女と一緒に参加する親子行事がありました。
ここ数年の親子行事というと、夏祭りをすることが続いていたが、
今年はどんな親子行事で長女と一緒に楽しむことができるかね~

集合場所は学校ではなく、山中温泉中心街・山中座。
親子ペアとなって自分のお気に入りの写真を一枚だけ撮影してくるという試み。
長女は沢山ありすぎて一つになかなか絞れなかったが、
自宅近くからの「富士写ケ岳」を撮影していた。
20160805_152438.jpg
その後子供たちが集まり、誰が撮影した写真が一番良いかと相談し合う。
山中温泉のありきたりの観光名所から、これはどこじゃ!?という写真まで、
子供たちがそれぞれに撮影した写真には人柄も感じさせられるよな~

20160805_152514.jpg
猛暑の中の撮影会のあとは、グループに分かれて審査会。
もっとこだわりの写真と撮影すべきだったと私はちょっと反省しております。

その後は、一転再び猛暑の外へ。
20160805_141310.jpg
はてさて・・・?一体何をしているのでしょうか?
炭火を起こしていたので、すっかりBBQでお肉かと思ったが、
昼食後の学年行事で腹いっぱい食べるということではなさそうだ。

20160805_141317.jpg
時間もだんたんと暑さの和らいだ午後のひと時。
棒に巻き付いた物体は一体?
実はこれはバームクーフェンです。
薄く焼きあがったケーキの上から何度も原液を重ねて大きくしていきます。

なるほどね~本格的なバームクーフェンもこのような作り方だったのを見た覚えがある。
大きくなるまで根気の入る作業でしたが、
いつもとは違った親子行事に子供たちも暑さを忘れて楽しそうだった。


時間の関係で仕事に戻らねばならなくなり、
実際食べれなかったのが残念だな~
長女にあとで聞いたら甘くて美味しかったようです。

とても暑い中、このような学年行事を企画準備し、
お世話いただいた学年部員の皆様お疲れさまでした。


by  加賀の武田信玄




東海地方へ

8月2日(火曜日)
夏真っ盛りでございます。
梅雨明け後に一気に暑くなり連日猛暑日が続く厳しい季節ではありますが、
子供たちのように「夏休み」という訳にはいきませんので、
暑さに負けずに仕事を頑張っていくしかありませんな。

暑い時期に少しでも営業と思い、
毎年のように出張へ行く東海地方へ。
20160802_081640.jpg
東海地方へは浜松市を皮切りに名古屋方面へ戻ってくるルート。
山中温泉から浜松市までは車で4時間くらい・・・だったかな。
浜松市手前には雄大な浜名湖S.Aがあるここで休憩。
早朝にも関わらすもうすでに気温は30℃・・・今日も暑くなりそうだな~

浜松からは少しづつ名古屋方面へ戻ってくるので、
豊橋、豊川、岡崎、安城と廻ってきて今日の目的地・豊田に着いた時には午後5時。
20160802_161420.jpg
日本経済を支えている「トヨタ」の本社前を通り、
何とか間に合い商談することができた・・・良かった。
このトヨタに来るといつも思うが、トヨタという会社全体でこの市を形成しているように、
まわり全部がトヨタ関連の社屋や工場・・・すごい市だな~
ここ最近は円高となっていることにより輸出が多い自動車産業には痛手だろうが、
トヨタに関してはそれを微塵も感じられない市内の様子だな。
実際円高は歓迎していないだろうが。

8月3日(水曜日)
豊田市を終えて一度名古屋まで一度戻って宿泊し、
この日は名古屋から西尾、碧南、そして名古屋市内、瀬戸と廻って、
最後に行きついたのは岐阜県大垣市。今回の出張も予定通り全ての訪問を終えた。
20160803_165707.jpg
大垣に来たのは何年ぶりだろうか?
以前に来たときに見れなかった大垣城を一度見てみたいと思い寄ってみた。

1600年に関ヶ原の戦いが起こる前に、
会津若松城の上杉を討伐するために、徳川家康が江戸から会津へ北上した隙をつき、
石田三成が挙兵して西軍が形成されて、家康を迎え撃つために、
この大垣城を三成が本陣としていた。実際に見ると小さな城だな~

20160803_165804.jpg
この門から家康の情報もなどを知らせる使者が通り、
また西軍諸将が軍議のためにここを幾度となく訪れ、
三成と軍議の場をもったと伝えられている。
色んな歴史ドラマを見てきたが、確かに大垣城で軍議をしている様子を何度も見た。

家康本隊が来る前に、東軍の先陣部隊(福島正則、黒田長政ら)に奇襲をかけるべきと、
宇喜多秀家や島津義弘が強く主張するも、
「奇襲や夜討ちは卑怯、正々堂々戦う」と主張する三成一人が断固反対。
この軋轢がのちに西軍の結束を乱す要因となってしまう・・・三成の気持ちは分かるが。

そんな三成がどう家康と戦うか思案した城がこの大垣城なのだ。

もうすぐ「真田丸」でも大垣城のシーンが描かれるかね~


by  加賀の武田信玄










プロフィール

加賀の武田信玄

Author:加賀の武田信玄
ようこそ
インテリア クロック
オルゴールフレーム
by IKEDA CO.,LTD

StarFirstWatch

3ET製StarWatch
Present's by サンエタ

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。