スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

懐かしい場所と新名所

東京展示会視察二日目は午前中から昼過ぎにかけて、
東京・浅草の都立貿易センター台東館の展示会を視察した。
main-visual_img03.jpg
東京都立貿易センターは私にとっても懐かしい、そして思い入れがある場所。
港区になる浜松町館とこの台東館に二つがあり、
浜松町館は現在リニューアル中となっているな~

台東館では昨日に続いて業界展示会が開催されており、
弊社の取引先も沢山出展しているので視察に行ってきた。
会場内では昨日浅草橋でお会いした小売店の皆様方とここでも遭遇するということは、
何日かかけて展示会を回ってまとめて仕入をしているのだろう。
店の売り上げを左右する大事な仕入をしている最中なので、
気軽に声も掛けづらいな~でもちょっとご挨拶させてもらって、
弊社商品の取引をお願いいておきました。本当仕事中に申し訳ないです。


その貿易センターのことですが、
浜松町館は私が過去に勤めていた会社が毎年新作展示会を開催していた場所であり、
台東館もその時期に担当していたデパートの催事が何度も開催された場所です。

浜松町館の展示会では、漆器メーカーが新作を発表する機会として、
デパートのバイヤーが商品を見定め仕入をする大事なイベントだった。
イベントとあえて言いましたが、私がいた会社もお祭り気分でバイヤーら来場客をもてないし、
賑やかで楽しかった良い印象しか残っていませんな。

当時漆器販売のデパート卸問屋の展示会として、
私自身も一社員としての誇りもあったし、デパートの人たちも楽しみにご来場されていた。
あの時のバイヤーさんやデパートの女子店員は今頃どうしているだろうか?
もうデパートにはいないだろうな~いたら相当出世しるだろうな~など考えてしまう。

もう20年くらい前の話です・・・。


by  加賀の武田信玄


台東館での視察を終えて地下鉄に乗って銀座へ向かった。
地下鉄銀座線・浅草駅から銀座駅へのこのルートも東京にいたときに良く乗ったな。
20170602_141229.jpg
銀座に着いたらこれが目に飛び込んできた!
GINZASIX!

20170602_134511.jpg
旧・松坂屋銀座店跡地に新築された大商業施設で、
中央部は大きな吹き抜けとなっていて、
天井から華やかな傘なのか?何か分かりませんが吊るしてある。
現在の銀座最大級の大型商業施設としてオープンしたばかりです。

20170602_134553.jpg
所々に凝った演出がされている。
都会のド真ん中に自然な心象を持たせるほっとさせる空間。

20170602_131554.jpg
ちょっと歩き疲れたので一服でもしましょうか。
最上階にはスタバもあり会社員たちが、
併設されている蔦屋書店で本を読みながら休憩している。

20170602_132403.jpg
この本屋も大きいな~銀座の一等地にこれだけのスペースがあるのは、
他の商業施設ではなかったのでは?
買い物をすると疲れますから、デパートには当たり前にあるレストランで休憩。
でもレストランではちょっという買い物客にはスタバのようなお店が喜ばれるであろう。
コンビニでもイートインスペースが最近増えているので、
デパートも時代に沿った趣向が求められているのであろう。

GINZASIXの後はその他のデパートも見に行ったが、
SIXにお客が流れているのでろう、銀座松屋も静かだった・・・。
銀座からは築地へ行ってみた。
ずっと見て回っていたので昼食を食べる時間を通り過ぎていましたので、
20170602_151622.jpg
今話題の築地市場もどうなっているのか見てきました。
もうこの時間で午後4時前になっていたので、
場外市場店舗は休憩中のお店が多かった。

実は私、築地には初めて行きました。
一体どんなところなのか興味津々。一応雰囲気だけは味わえました。
築地市場が豊洲へ移転するのかどうか分かりませんが、
移転することによって築地の未来を大きく左右しかねる。

どういう決断が下されるのであろう・・・?移転するだろうな恐らく。


















スポンサーサイト

展示会視察

5月5日を最後に、弊社の主要となっている商品の販売も一段落。
弊社が取り扱う業界向けの商品の注文はしばらくないので、
時期シーズンも注文を確保するために夏場は出張することが多くなっている。

20170601_115020.jpg
そんな弊社とはしては一服しているときにすでに業界は動き始めている。
5月末には静岡市を中心としたメーカーの来期新商品の展示会を皮切りに、
6月には本格的に業界大手各社でも新作展示会が目白押しとなっている。

東京・浅草橋にある弊社取引先のK社とY社。
全国の小売店などの得意先がこぞって来期新商品の買い付けに来ているのだ。
秋までに得意先から受注し、夏場から秋口に生産して年内に納品するという
この業界の大きな流れは毎年変わらずの風物詩ともなっているようだ。

20170601_115207.jpg
私もこの2社を訪問し、時期シーズンも継続して採用をお願いし、
また要望などがあればできるだけ反映させるために営業活動をした。

業界のリーダーたるこの2社が率先して、
下降気味の業界を盛り上げていってほしいと切に願っております。
それによって弊社の売り上げも左右されるので、
実際の商戦が年末から来年初めだというのに、
6月初めとはいえ気になって仕方がない・・・。

例年通りの見込みが立ちそうでで、早めに注文をいただくことにより、
弊社にとっても時間に余裕がある夏場に生産できることは嬉しいことです。
時間に余裕があっても資金に余裕があるという訳ではないからな~。
早めの生産することはそれだけ先行して仕入が大きくなりどんどん資金が減っていくから、
慎重に業界内をリサーチすることが今後は必要です。


by  加賀の武田信玄


今回の東京二日間、そして京都、大阪、名古屋と業界展示会が開催されます。
訪問した会場で取引ある小売店の皆様ともお会いした際に挨拶できるし、
展示会視察も貴重な営業活動と言えるだろう。















プロフィール

加賀の武田信玄

Author:加賀の武田信玄
ようこそ
インテリア クロック
オルゴールフレーム
by IKEDA CO.,LTD

StarFirstWatch

3ET製StarWatch
Present's by サンエタ

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。