FC2ブログ

宇治市から琵琶湖へ

昨日からのH国銀行のゴルフ遠征の二日目の朝。
朝食をとり出発までの時間を利用して再び平等院へ。
20181028_072507.jpg
宇治はお茶が有名でした。お茶屋が参道に何軒もありました。
観光に来たらな宇治抹茶ソフトを食べたりできるんだよな。

その参道を少し歩くと平等院がありますがこの時間の閉園中。
でも・・・川沿いの竹林から見えた!
20181028_072838.jpg
十円玉でした見たことがなかった平等院鳳凰堂が直接見れました。
朱色の社殿が色鮮やかに、光って見えましたね。

藤原道長の息子・頼道が開いたのが平等院。
様々な歴史があるが、平家全盛時代には平家を打倒を目指し源頼政が挙兵するも、
敗れてこの地で自刃・・・武士が初めて切腹をしたと言われている。
そうだったんだね。知らなかったよ。
宇治市は京都府の外れに位置することから京都を目指したが敗れて逃れる地のようです。

そんな歴史がある宇治市からバスで移動。
20181107_093329.jpg
ここも超名門ゴルフコースと言われる琵琶湖カントリークラブ

名門たる理由は何なのか?
ここの到着すると、グリーン会会長のMさんが言った言葉。
昨日の城陽もそうだったけど、ここのクラブハウスも質素で建物が小さいね。
名門コースは歴史が古いから昔はどこもそうだった。
新しいゴルフ場はクラブハウスも大きくて立派だけど


なるほどね。確かにエントランスのすぐ横にカートが並んでいて、
余分な建物が一切ないですね。
最近のゴルフ場はバブル時に建てられた感が出過ぎているという意味なんでしょう。

そんな名門コースでのラウンドは昨日とほとんど変化ないスコアで終了。
一日で劇的にスコアが良くなることはありえませんよ。琵琶湖の形の池にも入れちゃったし。

でもこのような素晴らしい企画をしていただきましたH国銀行さんや、
お世話にいただきましたグリーン会幹事の皆様に御礼申し上げます。
ありがとうございました!
また来年の定期コンペまでには上達できるよう練習します。


by  加賀の武田信玄






スポンサーサイト



H銀行の遠征ゴルフ

弊社のメインバンクのH国銀行山中支店・・・銀行の取引先で構成する山中北國会。
さらにその中からゴルフをする人たちが集うH国グリーン会という組織がある。

そんなに頻繁にゴルフをする私ではないが、
不定期に遠征でゴルフを楽しむという旅行が企画され参加してきた。

過去2度参加しているが、2014年は北海道、2016年は愛知から2年ぶりの遠征です。

今回は京都、滋賀への遠征です。
朝5時半山中温泉をバスで出発し今日ラウンドする京都の城陽市に到着。
20181027_164710.jpg
超名門ゴルフコースの城陽カントリークラブ
私のようなハンデ36のゴルファーが来るところではないな。

20181027_094539.jpg
でもラウンドするにはプロになった気分だけも味わいたいですね。
グリーン会会長の挨拶後にラウンド開始!

20181027_111936.jpg
前半は粘るも後半は問題外!ハンデを生かせず優勝の遥か圏外へ・・・
何度やってもうまくいかないな~
勉強のように一夜漬けのような、
直前練習だけはさすがに名門コースに立ち向かうことはできん。
センスもないし集中力もなし、我慢もできん・・・情けない限り。
性根を叩き直し、一層の精進すること心に誓う。それだけ悔しかったんです。

初日のラウンドが午後5時前に終わって宿泊先のホテルにチェックインし、
懇親会と結果発表がありその後解散となりました。
明日も違うゴルフ場でラウンドが予定されているので、
早めに休むことにしましょう。

by  加賀の武田信玄


ホテルに一度戻ったものの、初めて訪れた宇治市内はどんなところだろう?
宇治と言えば・・・平等院鳳凰堂がある!十円玉に刻印されているよね。

これは一度見てみたい!でも夜なので平等院は閉園している。
20181027_231621.jpg

20181027_231543.jpg
開園時間は朝9時から・・・明日の朝も出発が早く中には入れないな。
















めがね欲しいわ

10月20日(土)午後3時30分~
福井RENEW視察も終盤戦・・・でもまだまだ見たいところが沢山残っています。
20181020_151702.jpg
木工品製造の会社では近年首都圏などの市場で、
沢山ティッシュボックスやダストボックスを製造販売している。
ここの会社も鯖江市を代表するメーカーの一つです。
社屋一階で木を断裁して形に仕上げ、2階で彩色豊かな塗装をしている。

ここまでは山中漆器と同様の業種である越前漆器の製造などを見学してきたが、
鯖江にはまだ大きな産業がある・・・それは「めがね」だ。

鯖江市のめがねミュージアムで過去から現在に至るまでの経過を知り、
その後にはめがねを製造している会社へ向かう。
20181020_165435.jpg
この会社もすごいな~
扱いのめがねの数!品目が多いのは規模が大きいからですが、
何でそんなに沢山めがねメーカーがある中でこの会社のめがねが支持されるのか?
理由ははっきりとは分かりませんが、宣伝力ですかね。銀座にも店舗があるしな。

その大きな理由の一つかもしれないが、
20181020_164749.jpg
テレビ朝日系列で放送されていた「ハゲタカ
主役の鷲津正彦(綾野剛)がつけていたのがこのめがね!
ハゲタカが面白く毎週見ていた私やGさんにとっては憧れのめがね。欲しいよね~

さらには、
20181020_164740.jpg
現在放映中のTBS系列「下町ロケットゴースト」に出ている
悪徳弁護士・ピーター演じる中川京一がつけているのはこのめがね。
A君も悪い人に見えてきます。

8b7ace13.jpg
同じく下町ロケットで前作から引き続き、
安田顕演じる山崎部長がかけているめがねもこの会社のめがねです。

安田顕はこのめがねが気に入り、
めがねの製作工程を案内する情報番組出演のためここに来たようです。
下町ロケットを見ながらいつもこの会社のことが気になっている。

鷲津のしていためがねが本当欲しいな。

朝から視察できた福井RENEWですが、
最後まで飽きさせない、楽しい地域イベントでしたね。
和紙から始まり、漆器、めがねと様々な業種のメーカーがこのイベントに参加している。

いよいよ山中漆器も来年はRENEWのようなイベントがしたいよね。
関係各位でその実施計画を練っていかねばなりません。

開催するなら福井RENEWのイベントの同時期に行えば、
相乗効果で観光客や山中漆器を買い求めに来る人がいるはず。
山中には温泉という鯖江などにはない観光資源がある。
これを生かしてさらに集客できるのではないかね。
あとは漆器工房のオープンファクトリー化などになるのかな。

福井RENEWも最初からこんなに人が来ていたわけではない。
今年4年目だと聞く。いずれは山中温泉も!何年後かはそうありたい!


by  加賀の武田信玄











RENEWメイン会場

10月20日(土曜日)午前11時~
越前市今立で越前和紙を見て回り再びバスで移動。
20181020_114825.jpg
次は刃物の製作工程を見学。
同じく越前市の武生・・・ここも以前は武生市だったのにな~
タケフナイトビレッジという工房・・・工場?

20181020_113641.jpg
刃物の製作工程を見学できます。
多くの職人さんたちが見学者に見せつけるように刃削っていますね。

20181020_113751.jpg
そして刃を研いでいます。
越前打刃物と背中にプリントされた揃いのTシャツで作業をしています。

20181020_114805.jpg
このナイフビレッジに刃物のメーカーが集合体となって経営している。
職人さんを集めて商品を作り出し、販売というスタイルのようです。
山中漆器のメーカーや職人一緒な会社で作業しているいるイメージなのか?
ここでもRENEWに合わせて工房で詳しくご説明いただいた。

そろそろお昼に時間が近づきましたが、
今回の視察の時間と訪問予定の通りまた次の視察へ。
20181020_120609.jpg
今度は家具メーカーの視察・・・本当この付近にはいろんなメーカーがあるんです。
ここでも会社の人がお昼時間にも関わらず説明してくれる。
このRENEWの三日間だけですが、みんな親切ですよ。

そして正午から午後1時に差し掛かりRENEWのメイン会場の鯖江市に到着。
20181020_122451.jpg
越前漆器会館です。何度も来ているがいつもとは様子が違う・・・すごい賑わっている。

DSC_1983.jpg
ここを中心にして越前漆器のメーカーがそれぞれ自社でイベントをしています。
漆器販売だけはなく飲食ブースなども沢山出展しています。
なるほどね・・・漆器だけはなく「食」も同時に楽しめるんですね。
よい匂いがメイン会場周辺をおおっていますね。お腹すいてきたな~

近くの食事処で福井なのでおろしそばを食べて再び視察開始!
越前漆器内の特設展示場では、
DSC_2015.jpg
「まち・しごと・ひと」市が開催されていて、
入場料300円かかるのにも関わらずこの賑わい!
加賀市の「ネクストコモンズラボ・加賀」も出展しています。

そしてメイン会場付近には越前漆器のメーカーがRENEWに合わせた企画を展開。
DSC_1994.jpg
目印となるRENEWのロゴである赤の水玉紋様の幟やシールが店舗に貼られています。
和紙産地、刃物産地の越前市でも同様でした。地域が一体化している感じが出来てます。

DSC_1998.jpg
先日ご結婚されたA君もご機嫌に写真ポーズに応じています。


20181020_135014.jpg

20181020_140009.jpg
買うか買わないは別問題として産地全体で盛り上げているのが伝わります。
すぐに売り上げの向上にはつながらなくても、
地域で工房見学させたりして、
モノの良さを伝えることが漆器などの工芸品には必要ではないか?

20181020_135951.jpg
工房見学だけはなくワークショップなどの体験することで魅力を感じてもらえる。
全国に漆器産地は沢山ありますが、
越前漆器は魅せることの大事さをRENEWというイベントで訴えていますね。

鯖江市には越前漆器以外にも地域産業があります。
この後はその話をしたいと思います。


by  加賀の武田信玄



























福井「RENEW」 工芸の祭典

M漆器組合の視察事業として9月に高岡視察に引き続き、
10月は福井県鯖江市を中心に開催されている「RENEW」の視察に行くことに。

9月の高岡視察は仕事で欠席したが、
今回のRENEWはぜひ一度行って見てみたいと思い参加しました。

伝統工芸品などの産地視察は何度も行ったことがあるが、
ただ単に産地視察ではないのが福井RENEW!とにかくすごかった。

山中温泉支所を朝出発し、最初の目的地・福井県越前市に到着。
DSC_1923.jpg



20181020_095320.jpg
今回の視察には加賀市の協力でバスを手配いただき、
市の職員、そして山中温泉支所長も私たちM組合にご同行された。

市町村合併により越前市となった今立地区を中心に越前和紙の産地がある。
この日と前日、そして明日までRENEWとして産地工房開放やイベントが開催されます。
20181020_100015.jpg
越前和紙の紙漉き体験もできます。

DSC_1934.jpg
福井市内から若い人たちがその魅力を体験しに来たとか。
RENEWはこのようなワークショップなどの体験や工房見学、
そして地元の食を楽しむ産地総合祭なんです。

20181020_101916.jpg
紙漉きの版から、
DSC_1943.jpg

20181020_101948.jpg
和紙の上に絵柄を付ける作業。色づけのいていく。

20181020_103011.jpg
工房見学をした後には、メーカー自慢の商品を購入もできる。
普段は直接販売しない工房直販がこの期間買うことができるのも魅力の一つ。
製作から体験、職人から製作についての話を聞くことで、
和紙の特徴や良さ、作ることの難しさなど内容は様々ですが、
商品の価値を納得して購入できる流れになっています。

20181020_103956.jpg

20181020_104421.jpg
間近で感じされるという表現で良いのか分かりませんが、
見学する人に合わせて製作工程を説明しながら作る職人たち。
限られた期間だけではあるが手慣れたトークと作業に見入っていまう。
そして商品を買ってしまうと人が多いようです。

20181020_111213.jpg

DSC_1965.jpg

DSC_1960.jpg
和紙工房の規模や作る商品も色々あるので見て回るのは面白いです。


今回のRENEWは和紙だけはなく越前漆器、刃物、メガネなど沢山の産業がありますが、
もう昼近くになって和紙だけで時間を要してしまいました。

次なる視察に向かわなければ・・・

by  加賀の武田信玄













中学校の給食食べてみて

午前中の仕事をした後、長女が通う中学校へ。
中学校のPTA行事の一つである「給食試食会」へ行ってきた。

普段子供たちがどういった給食を食べているのか?や、
育ち盛りの中学生に必要な食事の要素がなにか?など、
自宅でも作れる栄養がある食事を作ってほしいという意味で、
PTAの環境整備事業の一つとして毎年開催されているが・・・
年々出席する保護者が少ないので来年はどうしようかという話にもなっているみたです。

私は給食を食べたいから毎年参加していますが、
平日の開催ということともあり今年も参加者は少かったかな。
っていうより毎年来る保護者が一緒じゃん・・・。

で今年のメニューはと、
20181012_123522.jpg
中華丼とひじきと春雨の酢の物でした。
メニューの名前だけ聞いても体に悪い気がしない。牛乳も本当旨いね。

もちろん私は中華丼をおかわりもした。
参加には給食費330円?だったと思うが掛かりますが、
学校で楽しくランチタイムというのも良いことだと思っていますので、
来年も開催されたら保護者の皆さん是非参加してみませんか?


by  加賀の武田信玄


間もなく放送開始となる下町ロケットの続編ですが、
原作本の下町ロケットゴーストを読み終えて、さらなる続編が発売されている。
71dBE0sbbWL.jpg
ドラマではゴーストとヤタガラスの2冊分を一気にドラマ化するんだろうね。
これも早く読んでしまってドラマを見なくてはいけないな。

イモトが重要な役で出演する。原作本とイモトアヤコのイメージは合致していると思うよ。
ヤタガラス編ではすでに佃製作所の金庫番・殿村部長が退社したあとの様子も描かれている。
どう物語に絡んでくるのか・・・?う~んドラマを見て確認してみてください。







A君の結婚披露二次会?

近年結婚を祝うという機会がなかったのですが、
久々に業界の若手が結婚するというめでたい祝宴に招待された。
20180906_101713.jpg
東京での展示会でご一緒し、
白パンなどを隣のG君や大先輩・OOOKさんにコーディネイトして変身!もしていたA君です。

この業界では何年前だったはっきりしないが、O君の結婚式二次会以来の招待です。
場所は私も結婚式と披露宴をしたホテル・アローレ

午後7時からの開宴に間に合うよう組合青年部メンバーと乗合で駆けつけ、
20181007_190847.jpg
結婚披露宴を終えてさらにお色直しをして登壇。緊張の面持ち。リラックスリラックス!
私らなんぞにそんな気を使わなくても大丈夫やわいね。

開宴して早速G君の祝辞です。
20181007_191046.jpg
A君の私たちしか知らないエピソードを交えながらの祝辞。
笑いを重視しようとしたが、思ったよりも厳粛な雰囲気に戸惑いやや不発気味?でもなかったが、
業界のホープたるA君への激励のメッセージではなかっただろうか。

乾杯後の祝宴、そして二人に関することをゲーム方式で正解者には豪華景品も用意されていた。
さらにその後に抽選会もあり、それにも豪華景品が!
当たってほしかったが、私は残念ですが今回は当たりませんでした。
20181007_204022.jpg
この方はサンタクロースのようなプレゼント袋が当たってこのご様子。
中身は一体何だったのだろうか?

20181007_193759.jpg
あとは二人のアツアツタイム。この純粋な気持ちをずっと持ち続けて下され。
新婦のMちゃんの言うことを聞いてこれまで通りお仕事頑張っていきましょう。


最後は出席者全員で記念撮影!!
1538930304343.jpg
出席してみると、知ってるもんばっかやん!
超~山中的なメンツが集まったA君結婚披露二次会の様子でした。

改めてA君結婚おめでとうございます。
山中漆器業界の下町ロケット・佃航平のようになって下さい。


by  加賀の武田信玄


その下町ロケットの続編が始まるようです。
09386515.jpg
まずはこの原作本から物語がスタートするようです。
A君も大好きな下町ロケット、また一緒に語り合いたいですな。
殿村部長、山崎部長、財前部長など部長ばっかりやな。
キャストも前作のドラマと同じく引き継がれるので愛着があるな。
楽しみやん!!
















プロフィール

加賀の武田信玄

Author:加賀の武田信玄
ようこそ
インテリア クロック
オルゴールフレーム
by IKEDA CO.,LTD

StarFirstWatch

3ET製StarWatch
Present's by サンエタ

月別アーカイブ

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード