FC2ブログ

いよいよというかやっというかそんなときに

6月となり全国的な所謂「コロナ禍」が落ち着きつつあるのかどうか・・・
こればかりは分かりませんが、5月に発出された非常事態宣言が解除となり、
入学式後に休校となっていた長女が通う高校が再開!いよいよですか。

長女は早く学校に行って友達と会い、部活も近いうちに始まるので喜んでいる。
が、長男の高校というと、
5月連休明けに始まったオンライン授業が7月末の夏休みまで実施されるとか。
高校によって対応が違っているのが親としては面倒というか、
早く通常に戻ってほしいとただ願うばかりの日々を過ごしております。

長女が登校の際はまずは早起きして、
最寄りの電車の駅(加賀温泉駅か動橋駅)へ送り届けねばならない。
この日は動橋駅へ届ける途中、寝坊して遅れたということではないが、
いつも通りに何も考えず車を走らせていたが・・・・・・・・・・!

ハッと気づいたときには遅かった!
見通しの良い直線の左手から旗を持った警察官に誘導され検挙された。
もう最悪だな~罪状は31キロのスピード違反によりあえなく撃沈。免停処分!
長女を送り届けねばならない状況で、
ゴネルこともできずに後日出頭要請があるとか。

っていうことがあって一か月近く経ったある日に、
警察から内灘にある免許センターへの出頭要請が届いた。
それから数日後には検察庁からも連絡が。一体これはどうなるのか?と肝を冷やす。

もう一度整理すると、
順序は異なるかもしれないが、
スピード違反(30キロオーバー以上)には刑事処分と行政処分が科せられる。

私の場合6月26日(水曜日)午前10時に金沢地方検察庁小松支部へ出頭。
2016-08-10.jpg
お世話になるのは初めてだったので、どんな感じだろうと心配して行きましたが、
取り調べ担当の検事さんが気さくな方でちょっと安心しました。
私の仕事のことなど身の上話をした後に本格的に取り調べ開始。

検事さん
「あなたは6月5日午前6時30分頃、加賀市水田丸町付近を走行中に・・・」
お~!テレビで見るキムタクばりに調書を読み上げていくではないか。
調書をすべて読み終えて、目を閉じて聞いていた私に対して、
「言い忘れましたが、言いたくないことは言わなくていいですが、
この調書の内容で間違いありませんか?」と。


「スピード違反をしたことは間違いありませんが、
31キロもオーバーしていた認識はない」と柔らかく否認。

検事
「なるほど・・・不服だと、でしたら裁判で争いますか?」


「裁判するとどうなりますか?」

検事
「裁判をすることになると、あなたも弁護士が必要となりますし、
その費用や時間がかかりますよ」と。

う~んと私が迷っていると、
すかさず検事さんが、
「この通りの罪を認めれば、調書が裁判所で審議され罰が決まります」


「罰とは?罰金はいくらぐらいかかるんでしょうか?」

検事
「10万円以下の罰金、もしくは懲役刑となりますね。
ほとんどの人は罰金を払ってこの刑事罰は終了となります」


「検事さん!ぶっちゃけ罰金はもう少し軽減されますか?」

検事
「罰金を決めるは検事ではありません。裁判官が判断し決まります」

私は何とか否認し続けて罪が軽くならないか期待したが、
容疑を認めて取り調べは終了。
一体罰金はいくらになるのかな~
コロナ禍による特別給付金をそのまま国にお返しすることになりそうです。

以上がスピード違反によって科せられる「刑事罰」「刑事処分」です。
小学校や病院などの公共施設前は制限速度40キロの道が殆どです。
私のように違反しないよう日々安全運転を。


by  加賀の武田信玄


次回は「行政処分」とは何のか?をここでお知らせします。
スピード違反すると大変なことになりますよ~
これから長女を3年間送迎していくのに、
いきなり違反をしてしまってこれからもより注意深く用心が必要ですな。






スポンサーサイト



プロフィール

加賀の武田信玄

Author:加賀の武田信玄
ようこそ
インテリア クロック
オルゴールフレーム
by IKEDA CO.,LTD

StarFirstWatch

3ET製StarWatch
Present's by サンエタ

月別アーカイブ

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード