スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

道三、信長の栄華

5月5日養老町をあとにして、
この日の宿泊先のルートインホテルへ。

夕食はホテルチェックイン前に済ませて岐阜市内へ。

大浴場あり、そして朝食無料バイキング有と、
ホテルでの楽しい一時を過ごすことができました。


5月6日(月・振替休日
岐阜市内のホテルから車で15分、
この日に行ったのは岐阜公園。
昨日と同じ公園でもここは遊ぶというより歴史に触れるのが目的。
20130506 133002

子供が遊ぶような広場はありませんが、
岐阜市民の憩いの場として利用されている。

その公園に中から金華山へ行けるロープウェイがあります。
20130506 105314
このロープウェイに乗って山頂にある名城・岐阜城へ行きます。
やっと岐阜城へ行くことができ私は超嬉しい~!
岐阜へ来るたびにいつ行けるかと思っていましたが、
まさにいつ行くの?「今でしょ!」って感じでしょうね。

20130506 110542
ロープウェイに乗ってわずか5分もしないうちに金華山へ。

金華山はは登山コースもあり、
登山客も多くいました。私らも当初登ってみようか?と思いましたが、
昨日の養老の滝へ行くのに十分歩いて登ったので、
金華山へはロープウェイを利用することで前日に決まっていた。

20130506 124500
ロープウェイを降りて歩いてみると岐阜城天守閣が見えてきた!
斉藤道三、織田信長など織田三代の居城は目前です。

20130506 120201
ついに辿りついた!これが岐阜城!
長年の念願がついに叶いましたよ!

早速天守閣へ入ってみましょう。
20130506 1156

城下を流れる長良川や岐阜市内を一望できます。
天下人になった気分です。
20130506 115601
ここで道三や信長も城下を見下ろしたんですね~
それにしても何でこんな山頂に城を造ったのかね~
守るのは良し、でも攻めるのは大変です。

岐阜公園には登城するのが大変なので、
道三も信長も豪華な屋敷を造ったようです。
信長が造ったのものの発掘調査が今もなお続けられています。


岐阜城を制したものが天下を制すの言葉通り、
戦国の世の天下取りへの要衝として、そして今は岐阜市の発展を見守っております。
素晴らしい眺めでした。



by  加賀の武田信玄


岐阜城について
斉藤道三がいたころは「稲葉山城」と呼ばれ、
信長が斉藤道三の孫・龍興から奪った時に稲葉山を岐阜と改めます。

斉藤道三と織田信長は義理の親子(道三の娘・濃姫と信長が夫婦)
道三を父と慕っていた信長に突然の変事が襲う。

道三の長子・義龍が道三に反旗を翻し道三を討ってしまう。
道三の弔い合戦を信長は挑むが義龍に敗れてしまう。

ところがこの義龍がその後まもなく急死・・・
義龍の子・龍興が跡を継ぐと再び信長は稲葉山奪取に出兵。

木下藤吉郎の斉藤家家臣への内応策が成功し、
見事に岐阜城を奪取し美濃(岐阜県南部)を制することになります。

ここから天下統一に向けて一気に攻勢に出る信長。
楽市楽座などの政策など次々と斬新なことをしていきます。

この城を手に入れなければその後の信長はなかったかも。
義龍が生きていたら・・・?斉藤家臣団の裏切りが無ければ・・・

本能寺で死ぬまでは全てが思い通りになり、
強運の持ち主であったことは間違いなさそうです。




スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

加賀の武田信玄

Author:加賀の武田信玄
ようこそ
インテリア クロック
オルゴールフレーム
by IKEDA CO.,LTD

StarFirstWatch

3ET製StarWatch
Present's by サンエタ

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。