スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

松江城 

7月6日(土曜日)午後6時~
松江市散策に出かけたM漆器青年部有志。

有志というのは、今回研修旅行に出席したのは10名でしたが、
ゆっくりホテルで懇親会まで休みたいという人も何人かいたため。

城下町・松江といえば・・・そう松江城!
20130706 174201
この城にやっと来ることができた。
私はお城が好きなので、時間があれば登閣してみようと思っていました。

M3noa68kbR-IaoNyCGxFoPeLhB9bPaOT_2U_13Gv6Ck.jpg
その私の熱烈な願いに同情してくれた何人かの同志。
一緒に天守閣に登ってみましょうか。

見た目は大きく見えない松江城で、
天守閣の中に入ると意外と広く感じました。

天守閣上段からは松江市内が360度一望できます。
xVEOsvGEj0kc6E0idevATt0PkKFUn0FLmLKtiXh638s.jpg
松江城とともに有名な宍道湖が見えますね~

NJFh9dncei3bE1SeRx7rlmDhFc1jwTxHk6bC_QqE-Vk.jpg
意味もない「あぐら」で武将気分に浸りました。
M漆器青年部の「五奉行」
中心の私が石田三成、後列左から増田長盛、浅野長政、長束正家、前田玄以というとこか。

登閣時間受付終了時間の午後6時に何とか間に合いました。
良かった~

満足して城を出てみるとそれ以外にも色んな建造物があります。
20130709 172611
天守閣そばにある「興雲閣」
明治天皇行幸を祈って建築されたが、日露戦争真っ只中ということも実現せず。
しかし大正天皇の宿舎としてその役割を果たした建物。

帰りは正面門から出てホテルに戻ります。
時間は午後7時前になり、この夜の懇親会の居酒屋へ。
20130706 1854
境港から新鮮な魚介類中心の夕食でした。
朝早くに出発してこれで山陰研修旅行一日目が終わりました。

ig49rDfWcHkvYLnuUxChRB7MYmc6nggAZvA7n_mPan8.jpg
お疲れ様でした。
明日も朝早くホテルを出発します。寝坊しないようにね。


by  加賀の武田信玄


松江城正門前の銅像・堀尾吉晴像
20130709 204239
織田信長、豊臣秀吉に使えた武将で松江城を築いた松江開府の祖。
秀吉の天下統一後に旧徳川領本拠・浜松城に入城。

関ヶ原の戦いで息子・忠氏とともに東軍に味方し、その恩賞で松江の地へ栄転。
吉晴は一度は隠居して忠氏に跡を譲るも松江城建築中にその忠氏が急死してしまう。

息子の死を乗り越え松江城を築城、その後跡継ぎがなく堀尾家は断絶・・・
しかし松江城や城下町を整備した人物として松江市民に愛されている。


その後京極氏が松江へ移転するがこれまた一代で跡継ぎがなく断絶してしまう。


そしてホテルへ戻る途中の島根県庁前にある銅像。
20130709 212705
徳川家康の孫・松平直政が松江城主となります。
以後明治維新まで彼の血が受け継がれていきます。

直政は大坂の陣での武功を祖父・家康から褒められ更なる飛躍を期待されるが、
将軍・秀忠との不仲ということもあり配流なども経験した人物。
もともと越前城主である父・結城秀康の三男ということもあり、
兄弟に不幸がない限り出世することが難しいとされていた時代。

しかし三代将軍・家光の時代に、信州・松本城に入城してからは出世街道!
一代で断絶した京極氏の後、松江城に入城して松江の発展に尽くした。


ただの偶然だろうか?
私も松本城に行った後にこの松江城に来た。
松平直政と同じ道を歩んでおるな。

それに両方とも漆黒の天守閣である松本城と松江城。
字も一文字違い・・・直政も松江に来て同じことを思ったかどうか?



















スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

加賀の武田信玄

Author:加賀の武田信玄
ようこそ
インテリア クロック
オルゴールフレーム
by IKEDA CO.,LTD

StarFirstWatch

3ET製StarWatch
Present's by サンエタ

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。