富山出張

昨日朝からで出張に出かけました。
行き先は、富山・高岡・金沢です。
近いところなので、朝8時にを出発し、
北陸自動車道で富山へ。
3軒挨拶を済ませ、次は高岡へ。
高岡では4軒挨拶をして昼食です。

200810171224000.jpg
久しぶりに8番ラ-メンを食べました。
いつ食っても同じ味やね。当たり前か!
でもどの店も同じ味といのはチェーン店ならではのこと。
何年か前に、広島県福山市へ出張した時に、
8番ラーメンの店がありました。
「こんなところあるのか?」とビックリしたことがあります。
思わず入店して食べてしまいました。何でやろう~8番・・・って感じ。

高岡から、小杉へ。その途中小矢部川SAで休憩。
200810171420000.jpg
こういうところで休憩すると、
ちょっとした日帰り旅行気分になりすね。
そして金沢へ。
午後3時前には予定通り終了し、夕方会社へ出社。
疲れましたわ。
もう出張は来春までないかも?寂しい・・・。


by   加賀の武田信玄


昨日行きました富山と高岡。
富山は、織田信長の家臣、佐々成政が開いた城下町です。
隣国加賀の前田利家とは若い頃より家族同士の付き合いをしておりました。
しかし、豊臣秀吉が賎ケ岳で柴田勝家を破った以降はこの付き合いにも変化が。
後に、秀吉と和睦した利家に対し、佐々成政は秀吉に反発!
秀吉に味方したと利家との合戦となります。
結果は利家が勝利、成政は徳川家康を頼ることになります。
でもその後、家康も秀吉と和睦したことにより、
秀吉に領地を没収されてしまいます。
利家、家康同様秀吉に忠誠を尽くしていればこうはならなかったでしょうに・・・。

高岡は、利家の長男利長が整備し開いた城下町で、
来年2009年には開市400年を迎えるそうです。
利家が金沢にいて、利長がこの高岡に主に居を構えました。
江戸時代初期の石高が、加賀100万石とも言われておりますが、
実質は、富山や高岡、そして能登、加賀地方の小松、大聖寺を含めた小藩を、
全て合わせての100万石ということです。

関ヶ原の戦いの後、徳川家康に味方した利長は大幅な石高加増になり、
今の北陸一円の領土を得ることとなる訳です。
利家、利長、そしてその後を継いだ3代藩主利常の代には前田家は磐石。
外様大名トップの影響力を徳川幕府に対して持つことになっていきます。
















スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

加賀の武田信玄

Author:加賀の武田信玄
ようこそ
インテリア クロック
オルゴールフレーム
by IKEDA CO.,LTD

StarFirstWatch

3ET製StarWatch
Present's by サンエタ

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード