スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

直木賞作品を読む

先日決まった今年の直木賞作品を読んでみました。
20140127 202123
朝井まかて著書「恋歌~れんか~」です。
タイトルを見ると恋愛小説か?と思って表紙をめくると、
恋愛小説に間違いないのですが、
私の好きな歴史背景に影響されながらも一途の恋を貫き通す作品。

時は激動の幕末・・・これだけでも私には興味がわく。
そして舞台は江戸、そして水戸藩での話です。

幕末の「尊皇攘夷」影響をもろに受けていまう徳川御三家・水戸藩。
尊王・・・天皇を敬う 攘夷・・・鎖国を継続し、他国を追い払う

浦賀へペリーが来航して以来、
他国への脅威が高まる中、日本としてどうあるべきか?
幕府、そして諸藩の考えがそれぞれ異なり、
内輪もめがあとをたたない。

そんな歴史背景から物語は始まる。
時の大老・井伊直弼は外国の圧力に屈したかのように思える条約を締結。
朝廷の許可なく独断で行ったことで、
「尊王攘夷」を掲げる人たちの反感をかってしまう。
その運動を井伊が激しく弾圧したのが「安政の大獄」である。

弾圧を受けた藩士や下級武士たちの怒りは頂点に達し、
水戸藩の浪士たちによって井伊を暗殺する「桜田門外の変」が起きる。


ここまでは私じゃなくても歴史の授業で習ったことですが、
井伊を暗殺した水戸浪士にも一枚岩ではなかった。
水戸藩でも幕府よりの派閥とそれに対抗する派閥があり、
話がちょっとややこしい・・・
ただこれだけでも知っていればこの小説を読むことができるだろう。


皆さん読んでみて。



by  加賀の武田信玄

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

加賀の武田信玄

Author:加賀の武田信玄
ようこそ
インテリア クロック
オルゴールフレーム
by IKEDA CO.,LTD

StarFirstWatch

3ET製StarWatch
Present's by サンエタ

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。