暖かいね~2月なのに・・・

2月最初の日曜日は、
毎年恒例となっているひな人形の飾りつけ
20140203 123227
毎年の1月下旬から2月上旬は一番寒い時期で、
寒い中飾りつけをしていた記憶しかないのだが・・・今年は暖かい!

長女のひな人形(京雛)は七段飾りですが、
近年は住宅事情の影響により小型化しています。

でもたとえ人形が小型化しても、
日本古来の風習である節句人形(ひな人形、五月人形、鯉のぼり)を買いましょう!

一人一飾り!が基本です。
人形は生まれた子供の厄を身代わりになって受けてくれる。
子供の健やかな成長と、
ひな人形は幸せな結婚ができるよう願いが込められています。
女の子が生まれたら必ず買って飾ってほしいものです。


午前中で飾りつけは終了し、
午後からは私の子供たちがお世話になっている児童センターのフェスティバル!
20140202 1421
長男は太鼓、長女はチンチン?(なんていう楽器だろうか?)で山中節の演奏。

そして続いては長女のヒップホップダンスの発表。
20140202 1430
いきものがかり「ジョイフル」をバックミュージックにキレのあるダンス!

20140202 1436
そして上級生のバックダンサーとして、
EXELE「チューチュートレイン」のダンス。

この児童館フェスティバルも毎年この時期にあります。
ダンスなども披露の後は、
餅つきなどもお楽しみ会がありました。

児童館の教室の講師やボランティアの皆さん、本当いつもありがとうございます。

おかげで子供たちは元気で遊ぶことができます。
これからも宜しくお願い致します。


by  加賀の武田信玄


今年のNHK大河ドラマ「軍師官兵衛」
豊臣秀吉の天下統一に大いに助けた黒田官兵衛の物語。
視聴率はちょっとイマイチのようだが、
私は面白いと思って見ています。

官兵衛の本拠地・姫路城。
今のような世界遺産のような天守閣ではないが、
官兵衛が生まれここから育っていきます。

また姫路は京都と中国地方の中間地で、
豊臣秀吉の中国遠征でも大きな役割を果たす。

官兵衛と姫路城・・・これが無ければ秀吉の天下統一もどうなっていたか?


まだまだ物語は始まったばかりで、
織田信長や秀吉に会っていない官兵衛・・・
どうやってこの二人とめぐり会うのか?

そのあたりを凝視して見ていきたいと思っております。







スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

加賀の武田信玄

Author:加賀の武田信玄
ようこそ
インテリア クロック
オルゴールフレーム
by IKEDA CO.,LTD

StarFirstWatch

3ET製StarWatch
Present's by サンエタ

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード