スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マツヤマ

毎年弊社の業務であるお客様への営業・・・
今年4月中旬に発生した熊本地震により、九州のお得意様は被害があった。

あれから2か月以上経過している今でも余震があり、
それに加えて今度は梅雨により豪雨・・・復興どころではない状況でしょう。

弊社としても九州地方への営業に年一度はお得意様を訪問しているが、
今年は行くとこすらできないかもしれない・・・
九州、四国と一括して廻っていた営業も、
今のところは四国だけでも行く必要があり訪問することにしました。

20160630_094338.jpg
6月30日(木曜日)早朝~
本州から四国を渡るルートは何通りかありますが、
今回はまずは香川県を目指すルートに決めましたので、
兵庫県から岡山県を通り、倉敷市から香川県の坂出市へ向かいます。

坂出市から瀬戸内沿いに西へ順々に訪問していき、
午後6時過ぎに愛媛県松山市に到着。
松山に泊まり、明日以降は松山から戻って徳島県へ行くことになっている。

松山市・・・何度か行ったこともあるし泊まったこともありますが、
20160630_183727.jpg
宿泊したホテルは繁華街「大街道」などがある中心街。
ここから有名な道後温泉は2キロぐらいで、JR松山駅付近に過去泊まったことはあるが、
そことはまた違った雰囲気のある賑やかな商業地。三越などもあった。

松山市といえば日本最古と言われている道後温泉本館を訪れた夏目漱石が逗留したり、
日露戦争を勝利に導いた秋山好古・真之兄弟の生まれ育ったところ。
歴史好きにはたまらないところなのよ~
またプロゴルファー松山英樹の出身地でもある。
松山市生まれの姓も偶然にも松山だったのか~?ちょっとした偶然でしょうけど。

宿泊するホテルから歩いて100歩も歩かないところに、
20160630_180228.jpg
司馬遼太郎原作の「坂の上の雲」にちなんだミュージアムがある。
過去にここに行ったこともあります。
秋山兄弟、正岡子規などの登場人物の説明や、小説の原稿なども展示されていたな。

秋山兄弟ゆかりの場所はほかにも歩いて行けるところにある。
20160630_181838.jpg
ここもホテルから歩いて5分ぐらいの位置している「秋山兄弟生誕地
ここで二人は生まれて育ったんだな~
道後温泉もあるし、四国の小さな町とはいえ松山市が故郷というは羨ましいな。

20160630_182040.jpg
見に行った時には開園時間が過ぎてしまって中には入れませんが、
門越しに中を見渡すことができました。

20160630_181859.jpg
兄の騎乗している姿が格好いい秋山好古の銅像。
日本陸軍の「騎兵の父」とも言われた好古は日清・日露戦争に参戦し、
日露戦争では世界最強と言われていたコサック騎士とわたりあった。
好古の活躍など日本陸軍の作戦が功を奏し、ロシア軍を撤退に追い込んだ。
NHKドラマ「坂の上の雲」では阿部寛が好古を演じて、
酒好きで、冷静沈着、時には陸軍首脳陣にも意見する姿を何度か見ましたね。
除隊後は松山に戻って学校長を務めるなどもした。

20160630_182013.jpg
その弟・真之は日本海軍に入り、
日露戦争では連合艦隊参謀として旗艦・三笠に乗艦し、
ロシアのバルチック艦隊は打ち破る作戦を立てて実行!
連合艦隊司令長官・東郷平八郎が日本海海戦の英雄とされているが、
それを導いたのは秋山真之と言っても過言ではない。
俳人・正岡子規とは幼なじみで松山から上京後も交遊していた。
NHKドラマでは本木雅弘が真之を演じて、
作戦会議において激高する真之を見事に演じていた。
面白かったな~坂の上の雲は。

そんな英雄たちを生んだ松山市。
何度行っても私のような歴史好きを心を熱くしてくれます。


by  加賀の武田信玄


松山市中心街の見下ろせる名城・松山城。
amap松山市
今回私は「東急イン」に宿泊しましたが、
その背後に松山城があります。ここも以前に組合青年部研修旅行へ行ったことがある。
DSC_0269th_.jpg
天守閣最上階からは松山市内や道後温泉を見渡すことができます。

道後温泉本館も行ったな~
DSC_0287th_.jpg
懐かしいの~みんなちょっとだけ若いな。
松山城天守閣は大小の天守閣と備える連立式で城郭の高さは低いが、
広大な山ごとが城郭となっている。なかなか他にはない城の作りではないでしょうか?

20160630_181220.jpg
松山城を築城したのはこの人物・加藤嘉明。
豊臣秀吉が信長亡き後の後継者を決める合戦の賎ヶ岳の戦いで、
先方として「七本槍」の一人として勝利に貢献した。

秀吉死後は、加藤清正、福島正則ら武断派の一人として、
石田三成ら奉行派との対立が激しくなり、
関ヶ原の戦いでも徳川家康の東軍に属して三成らと交戦。
結果東軍が勝利して、この松山の地を恩賞として賜った。
家康死後も徳川幕府に忠誠を尽くし、大阪の陣にも徳川方として参戦した。

豊臣家家臣として、徳川の世になってお家取り潰しになる大名が多い中、
藤堂高虎らとともに築城の名手であり政治手腕の高かった嘉明は、
松山から会津若松に移封されても死ぬまで大事にされた武将と言えるだろう。

現在放送中の「真田丸」にもいずれは出てくるかも。
「賎ヶ岳七本槍」の七将のうち、
加藤清正、福島正則、片桐且元、平野長泰がすでに登場しているが・・・
嘉明、脇坂安治、糟屋武則らの登場するのかな~?

























スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

加賀の武田信玄

Author:加賀の武田信玄
ようこそ
インテリア クロック
オルゴールフレーム
by IKEDA CO.,LTD

StarFirstWatch

3ET製StarWatch
Present's by サンエタ

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。