スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

白糸の滝?白糸ノ滝?

8月12日(金曜日)午後2時~
富士サファリパークパークを満喫した私たち家族は、
再び車で富士山をぐるっと囲むように走り出し、
次に向かったのは世界遺産・「白糸の滝」・・・?
富士宮市にある白糸の滝は、ホームページを見ると「白糸ノ滝」と表示されている。
果たしてどちらが正しいのか分かりませんが、
確か同じ名前で、軽井沢にも「白糸の滝」があることを教えられたが・・・。

どちらでも良いとして、私たちは富士宮市の白糸の滝へ。
B級グルメの代表格「富士宮焼きそば」が、
この日の遅い昼食として食べました。
Fujinomiya-yakisoba[1]
白糸の滝近くのお店で食べたので、
駐車場としてお店に駐車して白糸の滝を見に行ってきました。

20160812_153840.jpg
滝に向かうまでにはお土産店が軒を連ね、
お土産を見ながら歩いていくと、豪快な音を立てた滝が!
これが白糸の滝ではなく、正反対の轟音が響く「音止の滝」です。
声がかき消されるくらいの大きな音でした。

それから徒歩で数分・・・
20160812_154552.jpg
坂を下ると橋の向こうに白糸の滝が見えてきた。
もうこの付近から涼しげな空気が漂っってくるって感じですね~

20160812_154836.jpg
滝を見渡せるポイントで水を汲み、
今度は間近でマイナスイオンを浴びまくりましょう!!

20160812_155048.jpg
本当白い糸のようにゆっくりと流れている。
見ているだけで癒される。

20160812_155343.jpg
滝から流れ出ている川で遊んでいる子供たちもいました。
見てるだけで十分涼しいので、川遊びをしたらちょっと寒いのではないかね。

この白糸の滝の上にも、
本来はというか富士山が見ることができるのですが、
20160812_155445.jpg
富士山がもう見えないだろうと私ら家族は諦めモード。
でも何より涼しくて、日常とは違った空間で過ごすことができました。

富士五湖からぐるっと回って白糸の滝まできましたので、
そろそろこの日の宿泊先へと向かいましょう。


by  加賀の武田信玄


滝と言えば、3年前の養老の滝での長男に続き、
20160812_155642.jpg
長女が豪快に、富士山の湧水を飲み干す!!
飲み干せません・・・
果てしなく湧水が流れ落ちている白糸の滝でした。












スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

加賀の武田信玄

Author:加賀の武田信玄
ようこそ
インテリア クロック
オルゴールフレーム
by IKEDA CO.,LTD

StarFirstWatch

3ET製StarWatch
Present's by サンエタ

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。