悔しいです!!

長女が通っているドッチボールの大会。
この大会で優勝すれば春休みに北九州市で開催される全国大会に出場できる。

昨年の北國新聞社杯での準優勝(県内ではトップ)で自信がつき、
その自信だけではなく、さらなる実力も兼ね備えたチームが優勝を目指しました。
20170228_205144.jpg
試合前から気合十分の選手たち。
これは今日は本当に本当、ひいき目ではなく優勝の可能性は高い。
普段は午前中の予選から見ないが今回は私も気合が入っていた(選手以上に)

そして12チームがエントリーし。6チームづつ2ブロックに分かれた予選が始まった。
20170228_204629.jpg
序盤は堅さが出たが、試合終盤には相手を引き離し初戦の鞍月に勝利!
続く予選2試合目の相手は夏の優勝チーム寺井クラブ。
鞍月同様、久しく練習試合でも対戦していないので心配していたが、
その心配が吹っ飛ぶ快進撃!圧勝!!これは本当に強いと思わせた一戦だった。

20170228_204305.jpg
長女はアタッカーではないが守備の要。
体が小さいから、相手チームからは下手くそだろうと思われ狙われることが多い。
それがこちらとしは望むところ。長女を狙ってくれるとチャッチの確立が高まる。
長女以外の守備も隙間なく一列に統率され固い守備を誇っていた。

予選の最初の2試合がどうなるか?
それによって決勝トーナメントでも展開が違ってくるので、
この2試合を勝ったことにより、チームに勢いがついた。
結局、予選5試合を全勝し、予選1位で決勝トーナメントへ進出!
予選1位通過は過去にもあったけれど、全勝という成績でも突破はこれまでに記憶がない。
これは本当の実力であり、チームとしての一体感がどのチームよりも優れている証しだな。

20170228_205032.jpg
午後から運命の決勝トーナメントが始まった。
一回戦をシードの山中SPARSは、2回戦からの登場。
勝てばベスト8となるので、やはり予選トップ通過は大きい。

そして決勝までは強豪と言われるチームと当たらないことも考えると、
すんなり決勝まで勝ち進めると私は思っていた。

そして準々決勝の対珠洲クラブ戦。
立ち上がりから少し硬さが出てしまい終盤までリードを許す苦しい展開。
が、そこは実力が違う・・・あっという間に追い上げ5分の試合時間終了の時に同点。
みんなかなりしびれていたな。

同点の場合はサドンデス方式で、当てた時点で即試合終了となるので、
選手は一瞬も気が抜けない。
そして山中SPARSのエースストライカーがアタックを決めた!
勝った!!親同士で抱き合って喜びを爆発させた。

が、なんとここで反則となるアタックラインを踏越しラインオーバー!
何だよ~!!
試合が再開されてからも、SPARSはエースに全てボール集め渾身のアタック!
決まった~!今度こそやっと勝ったと思ったらまたまたラインオーバーの反則。

そしてその後今度は珠洲がアタック!
SPARS守備陣の一人の足をかすめて試合終了・・・えぇ~!なんでだよ!

でもこれがドッチボールの試合なんでしょうね。
優勝するチームには試合展開が有利に運び、それによって運の良さもついてくる。
この試合は開始から試合展開が苦しくなり、
そのまま決して強いとは言えないチームのペースだったかもしれない。

最後は順位決定戦(5,6位決定戦)に回り、勝利し北信越大会の出場権を得たが、
優勝を目指してした子供たち、そして首脳陣もがっくりしていた。
誰より私が一番悔しかったな~

6年生の長女のラストゲームは3月の北信越大会となりそうです。
せめてもの有終の美を飾ってほしいと願っております。


by  加賀の武田信玄














スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

加賀の武田信玄

Author:加賀の武田信玄
ようこそ
インテリア クロック
オルゴールフレーム
by IKEDA CO.,LTD

StarFirstWatch

3ET製StarWatch
Present's by サンエタ

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード