FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

水力発電 だって

20170814_090048.jpg
白馬のホテルに宿泊し朝7時に起床。
白馬の朝は清々しく気持ちが良い。リゾート気分にひたっております。
もうちょっとゆっくりしたいのが本音ですが、
今日はここから車で松本市方面へ行くことになっている。

白馬村から大町市街を抜けて、山に向かって車を走れらせ扇沢というところへ。
この扇沢駅から出ているトロリーバス(電気で動く・・・環境に配慮し排気ガスが出ない)で、
白馬同様の涼しげな場所へ向かった。
20170814_110002.jpg
扇沢からトンネルを抜けると、
いつの間にか長野県から富山県に入っていました。
到着したのは黒部ダム!!
一番上の展望台から雄大な放水の様子を見渡せる。

P1020724.jpg

P1020730.jpg
展望台かた徐々に下って行き、放水されている近くまで行ってみると、
放水落下点には鮮やかな虹がかかっているな~

P1020737.jpg
黒部ダムの観光放水は、富山立山アルペンルートの観光期間に合わせて、
毎日このように放水され続けている・・・こんなにずっと放水しても大丈夫なんだろうか?

P1020746.jpg
放水を横から見続けていましたが、
今度は放水を真上からも見ることもできます。

20170814_121047.jpg
見下ろすとこんな感じね。
向かい風が吹くと、シャワーのように放水された水しぶきが飛んでくる。涼しい!!

と今は観光地として多くの人が訪れる黒部ダムではありますが、
富山県側からは立山アルペンルートの最終地点となっているので、
登山を終えた様子に人たちを多く見かけました。
登山を終えてのご褒美のような観光放水ですね。

そもそも何でダムを造ったのか?
立山の雪解け水などを豊かな恵みをダムにせき止めて、
観光放水よりもさらに多くの水を放水し落下した水力で発電しているんですね~
本当こんなこと誰が考えたんでしょう・・・すごい発想力!

ダム開発には多くの犠牲が払われ、
ここまでなるのは私たちが知りえない苦難があったことでしょう。

P1020753.jpg
そんな雄大な黒部ダムを家族で行くことができて良かった。
富山県からではなく、ちょっと遠出して長野県側行ったほうがちょっとお安く行けるのでは?

帰りも行きと同じように扇沢駅まで行き、
あとは車で帰ることにしましょう。

by  加賀の武田信玄


扇沢からどうやって帰ろうかと思っていたら、
長男は「松本城は見ないの~?」というので、
せっかくここまで来たのだからちょっと遠回りかもしれんが寄ってきた。
P1020756.jpg
松本まで来ると黒部ダムよりも気温が高いし暑いな~
自宅に帰るにあたり涼しげなところに慣れつつあった体を元に戻さないと。

20170814_153610.jpg
でも長男の一言で、私も見たかった松本城を見ることができました。
晴れた空に漆黒の松本城が一段と美しく際立っていた。
相変わらず素晴らしい天守閣です。

また来年もどこかへ行きましょう!!









スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

加賀の武田信玄

Author:加賀の武田信玄
ようこそ
インテリア クロック
オルゴールフレーム
by IKEDA CO.,LTD

StarFirstWatch

3ET製StarWatch
Present's by サンエタ

月別アーカイブ

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。