FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

浅草のうなぎ

午前中の会社での業務を片付け、午後から飛行機で東京へ向かった。
明日午前中からの商談を控えて前日のうちに東京に入って夕食。
その夕食で行ってきたのは、
20171012_175351.jpg
浅草新仲見世通り入口に位置するうなぎ専門店「つるや」
この日浅草で宿泊することになっている。
浅草で今度泊まる機会があったら、ここでうなぎを食べようと思っていた。

以前来たときは定休日だった。うなぎ不足と言われている昨今、
10何年ぶりのこの店のうなぎは果たしてどうなっているだろうか?
20171012_180326.jpg
お~!!旨い!! 多少うな重の価格が値上げした感じがしたが、
これでも「並」のうな重・肝吸い付き。
肝吸いが苦手の人は、なめこの味噌汁もあるので安心でしょう。

またうなぎ専門店であるが、天ぷらなどの江戸っ子の粋を味わうこともできる。
さてこのうな重の味は・・・う~ん変ってないようです。
蒲焼のタレが濃すぎて、最後の方にはタレの味しか残らないうな重もあるが、
この店のはタレが薄味で最後までうなぎの旨さが最後まで感じられる。

うな丼も良いかもしれないが、
私は薄味だがごはん全体にタレがしみ込んだうな重のほうが好きだな~。
ごはんは私のような大食漢には量的には物足りないが、
それを補うだけのおいしさがこのうな重には絶対あります!!!

個人的には以前は「卵巻き」といって、
玉子焼きの中にうなぎが入った料理もあったのですが今はなかった。
あとうなぎの蒲焼ではない塩で焼いた「白焼」もあったのですが、
このあたりがうなぎ減少となっていることでメニューを絞っているのかも。

あっという間に食べて滞在時間は少なかったが、
以前この店に通い詰めたときのことを痛烈に思い出した!

おつりのお札は必ず新札が戻って返されることを・・・。
これもちょっとしたサービスなんでしょうか。
粋というか上品さを感じますね~


by  加賀の武田信玄


つるやからの帰りに浅草寺へ寄ってきた。
20171012_181942.jpg
雷門から仲見世を通って浅草寺本堂へ向かう。

20171012_182101.jpg
浅草寺直前の左右を行きかう「伝法院通り」
私が東京に住んでいたころは、
天ぷらで有名な「大黒屋」のお客様の行列だけが印象に残っているが、
いつも間にこんなにお店ができたんだろうか?「伝法院通り」の看板すらなかった。

20171012_182227.jpg
ライトアップされた浅草寺。なかなか夜になっても賑わっている。
私も商売繁盛と家族の幸せの祈祷を済ませて浅草寺からホテルへと帰った。

浅草は夕食を食べるには本当どこに行こうか迷うところです。
今回のうな重は・・・つるや
天ぷらなら・・・大黒屋、葵丸新
釜めしなら・・・釜めし「春」
すき焼きなら・・・今半(何店舗もあるしな)
寿司なら・・・?どこだろうか?私が好きだった金太楼寿司はもうなかったような。
洋食なら・・・ヨシカミ「旨すぎて申し訳ないっス」がうたい文句

浅草は東京で唯一、自分の庭のように行き来していたから、
大体は知っているかな~また家族で行きたいですよ。










スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

加賀の武田信玄

Author:加賀の武田信玄
ようこそ
インテリア クロック
オルゴールフレーム
by IKEDA CO.,LTD

StarFirstWatch

3ET製StarWatch
Present's by サンエタ

月別アーカイブ

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。