FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「生徒」から「学生」へ

4月9日(月)午後1時から長男の入学式が始まった。
20180409_125208.jpg
高校生を持つ親となり何もかもが初めてのことで、
私ら夫婦も長男も戸惑うことも多々あるでしょうが、
無事高校に入学、そして寮での生活がいよいよ始まりますね。

粛々と新入生の点呼があり最後に校長が一言、
「新入生208名の入学を許可する!」

お~入学おめでとう!!

入学式は校長先生(?先生ではなく教授ですが)の挨拶があり、
高校との違いを新入生に訴えていた。
より自覚が求められるということでちょっと過保護の私としても心配だ。
これから5年間ついていけるのか?大丈夫だろうか・・・?

そんな心配していたらあっという間に入学式は終わって、
引き続き保護者向けの総会が行われ、
長男が入学する学科の加賀地区出身の保護者から、
役員を選出という聞いてないよ状態・・・任期は5年!これは当たってしまった大変や。
この学校の保護者役員は入学時に役員を決めて、
そのまま5年間役員として活動していくみたいです。
結果くじでその役には当たりませでした。とりあえずは良かったですわ。

入学式のあとは教室で担任の先生から今後の予定や説明があり
終わると再び寮に戻って寮生活の説明会が午後4時半からあった。

午後から色んな学校についての話があったが、
一番印象に残っていたのが、
ここに入学したものは生徒ではなく、「学生」と呼ぶ。
う~ん?どう違うんだ?
なるほど!中学生や一般の高等学校生は生徒、
大学生、そしてこの学校に入ったら「学生」として呼ぶ。

「学生」という響き・・・大学生になった気分になってしまう。
それだけ学校としても学生だから自立して何でもしなさい!
というメッセージなのかもしれない。高等専門学校はそうみたいです。

中学生だったのが一気に高校生を通り越して大学生になってしまった。
父親として子離れをする時がもう来てしまったのか?


by  加賀の武田信玄

20180409_161624.jpg
そんな生徒から学生へ成長したこどもたち!
高校入試では各高校は入試倍率を高い数字で維持せねばならない。
今年の入試倍率2倍というここ数年で高かった難関を突破した4人。

20180409_161650.jpg
とっくに散ってしまったと思っていた桜がこの学校の山手にまだ残っていた。
サクラさん待っていてくれたのか?ありがとう!そしてお待たせしました。

20180409_161709.jpg
大きな夢の実現のため大きくはばたけ!

20180409_161727.jpg
春満開の君たちへ幸あれ!!
あらためて入学おめでとう!!










スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

加賀の武田信玄

Author:加賀の武田信玄
ようこそ
インテリア クロック
オルゴールフレーム
by IKEDA CO.,LTD

StarFirstWatch

3ET製StarWatch
Present's by サンエタ

月別アーカイブ

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。