FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

福井「RENEW」 工芸の祭典

M漆器組合の視察事業として9月に高岡視察に引き続き、
10月は福井県鯖江市を中心に開催されている「RENEW」の視察に行くことに。

9月の高岡視察は仕事で欠席したが、
今回のRENEWはぜひ一度行って見てみたいと思い参加しました。

伝統工芸品などの産地視察は何度も行ったことがあるが、
ただ単に産地視察ではないのが福井RENEW!とにかくすごかった。

山中温泉支所を朝出発し、最初の目的地・福井県越前市に到着。
DSC_1923.jpg



20181020_095320.jpg
今回の視察には加賀市の協力でバスを手配いただき、
市の職員、そして山中温泉支所長も私たちM組合にご同行された。

市町村合併により越前市となった今立地区を中心に越前和紙の産地がある。
この日と前日、そして明日までRENEWとして産地工房開放やイベントが開催されます。
20181020_100015.jpg
越前和紙の紙漉き体験もできます。

DSC_1934.jpg
福井市内から若い人たちがその魅力を体験しに来たとか。
RENEWはこのようなワークショップなどの体験や工房見学、
そして地元の食を楽しむ産地総合祭なんです。

20181020_101916.jpg
紙漉きの版から、
DSC_1943.jpg

20181020_101948.jpg
和紙の上に絵柄を付ける作業。色づけのいていく。

20181020_103011.jpg
工房見学をした後には、メーカー自慢の商品を購入もできる。
普段は直接販売しない工房直販がこの期間買うことができるのも魅力の一つ。
製作から体験、職人から製作についての話を聞くことで、
和紙の特徴や良さ、作ることの難しさなど内容は様々ですが、
商品の価値を納得して購入できる流れになっています。

20181020_103956.jpg

20181020_104421.jpg
間近で感じされるという表現で良いのか分かりませんが、
見学する人に合わせて製作工程を説明しながら作る職人たち。
限られた期間だけではあるが手慣れたトークと作業に見入っていまう。
そして商品を買ってしまうと人が多いようです。

20181020_111213.jpg

DSC_1965.jpg

DSC_1960.jpg
和紙工房の規模や作る商品も色々あるので見て回るのは面白いです。


今回のRENEWは和紙だけはなく越前漆器、刃物、メガネなど沢山の産業がありますが、
もう昼近くになって和紙だけで時間を要してしまいました。

次なる視察に向かわなければ・・・

by  加賀の武田信玄













スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

加賀の武田信玄

Author:加賀の武田信玄
ようこそ
インテリア クロック
オルゴールフレーム
by IKEDA CO.,LTD

StarFirstWatch

3ET製StarWatch
Present's by サンエタ

月別アーカイブ

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。