FC2ブログ

特別編 巡る、温泉郷 ~ around ~ 

「歴史オタクの一刀両断」は数日に渡り、
来月開催される産業振興イベント「around」について詳しく内容をPRさせていただきます。

そもそもこの around というイベントを何故開催するのか?
イベントを企画するにあたり、最終的な目標や着地点を想定して案を練っていく。

山中M漆器協同組合展示会委員会として毎年出展してきた東京でのギフトショー。
出展するには高額な費用を要するため国の補助金を利用して出展してきた。
出展の目的は山中漆器をどう中長期的に発展させるか?
伝統工芸の技術などの継承するための職人たちを育てるとか、
山中漆器だけではなく漆器業界全体が悩んでいる問題であった。

でも都市圏などへの展示会出展し続けることで、
山中漆器の轆轤技術の精巧さや、
生活ニーズに応じた変化への敏感なモノづくりを内外へ周知できる。

ただ・・・展示会出展を継続していっても一時的に注文があっても、
産地の課題を全て克服できているとは言い難い・・・と、
補助金を受けている監督官庁の経産省から、
「展示会出展のためだけの補助金はもう出ない」との冷たいお言葉。

ならどうすれば展示会出展や山中漆器の課題をクリアできるのか?
その起爆剤が今回の around のような、
地元観光振興を加えた山中漆器と山中温泉の融合ということになり、
展示会出展への補助金のを確保することができた。

私たち山中漆器のメーカーが都市圏の市場へ売り込むことにプラスして、
山中温泉という観光資源を巻き込んで山中漆器の販売数増加させる。

山中温泉に観光で訪れた人へ、山中漆器の良さを伝え、
これまでのご年配の方が中心の購買層を、少しでも若年層向けて発信する。
観光客だけに頼らず、私たちも若者が好む山中漆器を追求し続けるためには、
漆器を知らない人たちへ、山中漆器を見て体験させてもらうのはどうだろうか?

1555890871283.jpg
そこで始まろうとしているのが around
このメインビジュアルとイベント名も色んな候補があったが、
昨年の11月に決まり、内容を協議し続けてきました。

FB_IMG_1568788548301.jpg
around の大きなイベントの柱は3つ。
その一つの「オープンスタジオツアー」の開催です。

漆器の製作工程を3つに分けて、
それぞれの違った製作工程を見学して巡るツアー。
スタジオツアーコースの詳細を次にご説明することにしましょう。


by  加賀の武田信玄


around が開催できることになった要因は、
観光協会と旅館協同組合の協力があることが大きい。

山中漆器の業界は私たちの親世代の人たちの時から、
一つの会社が新商品を開発して産地全体で売り込むよりも、
個々の得意分野で勝負し、ほとんどがスタンドプレーであった。

バブル期に代表される最盛期には漆器を買付けにつくデパートのバイヤーや問屋が、
山中温泉に来ては旅館で宿泊するので漆器関連のお客様が多かったが、
近年は漆器を買い付けに来る人が少なくなった。

旅館や観光にとっても山中漆器を買う人を少しでも増やせれば、
最盛期ほどではなくても旅館へ泊まる人が増やすことができる。

旅館などの観光側の人たちも、
山中温泉の情景と食を目的に来る以外の観光客を、
山中漆器で呼び来もうという業界を越えた協力することにより、
山中温泉を工芸地区として発展させたいという、
お互いの目指す着地点の見出すことができたのではないだろうか。

一回目から大成功という訳にはいかないだろう。
でもオール山中温泉で加賀市発展の礎となるよう
来月11~13日はみんなで盛り上げていきましょう!









スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

加賀の武田信玄

Author:加賀の武田信玄
ようこそ
インテリア クロック
オルゴールフレーム
by IKEDA CO.,LTD

StarFirstWatch

3ET製StarWatch
Present's by サンエタ

月別アーカイブ

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード