FC2ブログ

around が 開幕!

いよいよ開幕した産業振興イベント around
開幕するからといって漆器祭りのようなオープンニングセレモニーは一切なく、
山中弁で「ひっそりと・・・」、を意味する「しなぁ~と」始まった。

初日は午前9時半からの「オープンスタジオツアー」から始まります。
FB_IMG_1571213474840.jpg
事前予約制となっているツアーなので受付が必要だろうと、
山中座前に受付用テントと、aroundモニュメントを設置しツアー客を出迎える。
またツアー客の受付だけはなく、
「何が始まるの?」と、聞かれた時にも対応するためである。
実際には情報発信はSNSに頼ることが多く、
そのためネット環境に乏しい地元の年配の人には、
周知されることがなかったかもしれない。

そのような人たちにはチラシを配って説明し、
aroundのイベントや開催場所を知らせる「around NAVI」もご用意。
日本ユニシスの協力のもと、
スマホでQRコード読み込めば一発で目的の場所にナビしてくれる。

午前9時半に「オープンスタジオツアー」のAコースが出発。
Aコースは木地轆轤コースとなっている。
1570873139351.jpg
実行委員会と漆器組合青年部がツアー客を御見送り!

オープンスタジオツアーの一発目は私がガイドを担当。
極度の緊張で始まる前から不安でしたが、
tour_s-1.jpg
バスが動き出したらその緊張も和らいだのか、
事前に用意した台本とスケジュールを見ながらガイドすることができたかな。

tour_s-6.jpg
製材から見ることができるこのコースは、
原木から木取、そして木の乾燥までの工程となっている。
ツアー客からの質問にも応え、原木を触って木のぬくもりを感じていただく。

tour_s-32.jpg
木取から荒挽されたものをいよいよ轆轤挽きで仕上げる工程。
もうこのここまでくると説明なんて必要ない・・・
鉋で挽く音を聞き入り、職人さんの手元を凝視するツアー客。
もっともっと見ていたいとの要望が多くのツアー客から聞かれた。
なかなかここまで見ることはできませんからね~

tour_s-48.jpg

tour_s-52.jpg
轆轤挽きで仕上げたお椀を拭漆で仕上げる工程。
何度も漆を摺り込み水漏れを防ぐため、木の目をしっかりと塞いで仕上げていく。

tour_s-50.jpg
ここまで仕上げるのに何人も手で、
出来上がる山中漆器の工程を見学できるんです。
ツアー客も大満足のオープンスタジオツアーのAコース正午前に終了。

午後0時30分からのBコース・塗り蒔絵コースへと続いていきます。
私のガイドはこれにて終了。時間配分を心配していたが、
山中座に戻る正午をちょっと過ぎて戻ることができて一安心。
この続きも当然アップしますので、スタジオツアーの良さを感じとってほしいです。


by  加賀の武田信玄


オープンスタジオツアーを終えた私は山中座でBツアーの受付と、
その他の会場で開催されているイベントを確認。
まずは私の会社の出展している芭蕉の館での新作展示会へ。
FB_IMG_1571213445253.jpg
around の幟が立ち、全てのイベントはaroundに関係していることを強調。

芭蕉の館大広間で開催されている山中漆器新作展示会。
FB_IMG_1571213468309.jpg
出展されている山中漆器でほしい物を選び投票し、
一番人気のあった山中漆器を投票した人に抽選で山中漆器をプレゼント!

FB_IMG_1571213460012.jpg
この中からどの山中漆器が選ばれるか?
この企画、山中温泉を訪れた観光客が何が欲しいのかをリサーチできるメリットもあるね。

11日はスタジオツアーと新作展示会開会に加え、
恩栄寺でも絵付け体験や街中の店舗でワークショップも開催されています。
とにかく初日から山中漆器を体験しながら山中温泉を巡ることができます。

心配なのは天気となりますかね~






















スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

加賀の武田信玄

Author:加賀の武田信玄
ようこそ
インテリア クロック
オルゴールフレーム
by IKEDA CO.,LTD

StarFirstWatch

3ET製StarWatch
Present's by サンエタ

月別アーカイブ

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード