映画「レッドクリフ パート①」

日曜日の夜、地上波初公開でテレビ朝日が放映していました。
ずっと見たいと思っていましたが、
この日まで我慢して映画館は言うに及ばず、
パソコンからコピーしたデータを見ず、この日の放映を見ました。

確かに第一印象は「面白い!」と思いましたが・・・。
ジョン・ウー監督らしいアクションシーンは見ごたえがありました。

でも・・・
私が知っている「三国志」とは少し人物同士の関係などが、
ちょっと違っているような気がしました。

まず、周喩と孔明の仲ですが、
実際はお互いが軍師同士ということもあり、
かなりのライバル心がありました。
今回の映画ではかなり仲良しさんに描かれています。

周喩は「赤壁の戦い」後にすぐこの世を去ります。
原因は、自分よりも先のことを予測でき、
自分のやることが全てお見通しの孔明に対して、
自分ではどうにもならないという腹立たしさから、
死期を早めてしまいます。

孔明も、呉の孫権、周喩を利用するだけ利用して、
自分の君子劉備の国力を蓄え、打倒曹操に執念を燃やす。

周喩も孔明も自分らのことしか考えていないということです。


パート②も公開されました。
見る機会があれば見たいと思いますが・・・。


by  加賀の武田信玄




スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

加賀の武田信玄

Author:加賀の武田信玄
ようこそ
インテリア クロック
オルゴールフレーム
by IKEDA CO.,LTD

StarFirstWatch

3ET製StarWatch
Present's by サンエタ

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード