スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一勝一敗のタイ

先週土曜日から始まったプロ野球日本シリーズ。
第一戦は、保育園保護者会の慰労会の時にテレビ観戦。
見事巨人が接戦を制して先勝!やったね!

だが・・・昨日の第二戦は・・・
200911021225000.jpg
故障で今シリーズ登板不可と言われていた
日本ハムエース ダルビッシュが力投!

打線も巨人先発内海を3回裏ツーアウトからの5連打で攻略。
4-2で巨人に雪辱!

ダルビッシュ志願の先発で、ぶっつけ本番で勝利。
流石やね~!
ダルビッシュが出てきただけで、
チームもファンも最初から勝った雰囲気でした。
ダルビッシュ本当に故障していたのか?と出てきたときは疑いましたが、
投球ホーム、配球など、はやり絶好調とは程遠い出来。
でも「ダルビッシュ」という名前だけで何とか巨人を封じた感じ。

一方、巨人は内海が悪い癖の「打たれ出したら止まらない病」で出て、
あっさりノックアウト!ツーアウト取ったのにそれから4失点・・・お粗末!
打線も苦手としている縦の緩いカーブでタイミングを狂わされ攻めきれず。
私も去年のシリーズで西武・岸に手も足で出なかったあのカーブを思い出しました。

私がもし巨人と戦うチームの監督なら、
昔の金田正一や堀内恒夫、最近では桑田真澄が多投した
ドロップのようなカーブを投げれて、一方で速球を投げる投手。
そんな投手を迷わずぶつけますね!
でもスライダー、フォーク、チェンジアップが全盛の球種で、
それを投げる投手が多い今、
緩急の差で組立する投手がいないというも事実でしょう。


一勝一敗となって、東京ドームで仕切り直し。
巨人の奮起を期待しましょう。



by  加賀の武田信玄






スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

加賀の武田信玄

Author:加賀の武田信玄
ようこそ
インテリア クロック
オルゴールフレーム
by IKEDA CO.,LTD

StarFirstWatch

3ET製StarWatch
Present's by サンエタ

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。