FC2ブログ

剣道日本一

毎年11月3日(文化に日)に行われている
全日本剣道選手権が東京日本武道館でありました。

たまたま午後の一時をゆっくり過ごしているところ、
テレビのチャンネルをカチャカチャいらっていたらこの模様が目に止まり、
200911031648000.jpg
準決勝が行われていました。
手前の白のタスキの選手が丁度メンを決めたところ。
この選手は、剣道の構えの一つ「上段の構え」から次々と攻撃を繰り出し、
相手が打ちにきたところをかわして見事なメン(面)!
面とは相手の頭(顔)のことで、その他の決まり手として、
手首を打つコテ、お腹を打つ胴(ドウ)、、相手の喉を突くツキがあります。

その後の決勝もいい試合でした。
優勝した内村選手素晴らしい!
いやぁ~見ていて面白かった。

実は私・・・小学校から高校三年まで剣道をしていました。
しかも剣道二段。唯一有段資格を持つ競技なのです。

青春時代を剣道一色に捧げた身(実際は遊んでばかり・・・)
懐かしい昔を思い出しましたね。

剣道は武道の一つ。
「礼に始まり、礼に終わる」という試合の前後を大事にするスポーツ。
相手を敬い、試合後はお互いの健闘も称えあう・・・
どのスポーツでもそうでしょうが、剣道はそのことを一番重要視しています。

全日本選手権は毎年行われていますが、
剣道も世界選手権が柔道と同様にあります。
日本は世界選手権14連覇という偉業を達成した後、
前々回の準決勝でアメリカに負けたそうです。
でも前回の世界選手権では、個人・団体種目ともに優勝。
日本が世界に通用しているスポーツの一つであります。

世界はこの剣道もオリンピック正式種目にと推す声があるのも確か。
でもそれを頑なに拒んでいるのは他でもない日本なのです。

それは何故か?
同じ武道である柔道がオリンピック種目になってから、
本来の「柔良く剛を制す」という精神が失われ、
とくかく勝てば何をしても良いという競技の変わりように、
剣道もこのようになってはいけないと日本が警戒しているためです。

柔道は、胴着やルールの変更で、
日本のお家芸だった柔道を、日本に勝たせないよう徐々に変わってきています。
それがヨーロッパ各国、韓国などの躍進を生む結果に繋がってきています。

剣道にしてもドイツや韓国、アメリカなどが近年が力をつけて、
日本が世界でもやっと勝っている状態でもあります。

剣道だけは日本の武道として譲れないというということで、
オリンピック正式種目になっていないということです。
でもオリンピックでの剣道・・・見たいな。

私の長男にも剣道を習わせたいといつも思っています。
でも本人にやる気がないとね~。

夏は暑くて汗だくになり汗臭い。よって女にもてない。
冬は道場の床が冷たくて立っていることですらつらい。
私にとってはいいことがあまりなかったですが、
剣道をしていたことにより姿勢がよくなり、体も丈夫になりました。

剣道をするには、まず負けず嫌いになることが大事。
負けても悔しがらない長男には、まず無理な話かな。


by  加賀の武田信玄











スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

加賀の武田信玄

Author:加賀の武田信玄
ようこそ
インテリア クロック
オルゴールフレーム
by IKEDA CO.,LTD

StarFirstWatch

3ET製StarWatch
Present's by サンエタ

月別アーカイブ

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード