スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

また交通安全

日曜日の朝8時半から、
先週の予定だった「交通安全」に関する幟(のぼり)設置作業に行ってきました。

200912130824000.jpg
集合場所は市内文化会館。
先週ほどの雨ではなかったものの、朝は冷え込みが厳しい。

バスターミナル、通学道路の交差点などに幟を設置します。
200912130915001.jpg
金網などに固定された筒穴に、
幟を立てかける至って簡単な作業。

200912130915000.jpg
完了!
でも・・・今度の日曜日に撤収作業と慌しいな~。

設置から帰宅して、
インフルエンザから少し元気になった長男と過ごす。
長男は良くなってきていますが、
今度は長女に移らないが心配しております。

200912121846000.jpg 200912121845001.jpg
心配なさそうです・・・。


by  加賀の武田信玄


NHKで放送中の「坂の上の雲」を初めて見ることができました。
面白かったね。

豪華キャストのスペシャルドラマ。
内閣総理大臣伊藤博文役で、大岡越前でお馴染みの加藤剛が出演してました。
懐かしい・・・。頬がやせこけて、一瞬見て彼だとは分かりませんでした。
日清戦争時の総理が伊藤というのも知りませんでした。

それともう一人・・・外務大臣陸奥宗光役は大杉漣。
ドラマは語りがあの世界の渡辺謙。贅沢すぎるメンバー。

この陸奥宗光。
江戸時代末期、欧米各国から開国を迫られ、仕方なく結んだ条約が、
日本にとっては、不利な条件ばかり。

明治維新になり、この不利な条約を幾度となく改正しようと試みますが、
なかなか小国である日本の言うことを欧米各国は聞いてくれません。
でも少しずつ歩み寄り、この陸奥と、
のちの外務大臣小村寿太郎の二人で、不利や条約を見事改正!

私が陸奥宗光について知っているのはこのことぐらい。
でも「坂の上の雲」の日清戦争開戦を進めたのは、
陸軍参謀本部とこの陸奥宗光。

時の総理伊藤博文に開戦を迫っていました。
伊藤もせっかく築き上げた日本が戦争に負けたらどうなってしまうのかを、
最後の最後まで心配していましたが、
大義があるのは日本であると主張して開戦に踏み切ります。
結果は日本勝利となる訳ですが、もし負けていたらその後の日本は無かったはず。

日清戦争の勝利によって、
日本は欧米と肩を並べることとなる訳です。
反対に敗れた清は、欧米に侵略を許し、王朝の滅亡への道を辿る。
負けると大変なことになる・・・日本が敗戦を知るのはまだ先のことです。



















スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

加賀の武田信玄

Author:加賀の武田信玄
ようこそ
インテリア クロック
オルゴールフレーム
by IKEDA CO.,LTD

StarFirstWatch

3ET製StarWatch
Present's by サンエタ

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。