ホームラン!

プロ野球セ・パ交流戦が始まりました。
交流戦が無い時は、
オールスター、日本シリーズしか見ることしかできなかった夢の対戦が、
このペナントレース序盤戦に見ることができる。
これはプロ野球ファンにとっては嬉しいこと。

我が巨人も、西武、ロッテとパ・リーグの上位チームに3勝1敗と好調!
でも何故かこの交流戦パ・リーグが強い。何故だろう?
理由は絶対的な先発完投型の投手がいることでしょう。
パ・リーグはDH制を採用しているため、
調子がいい投手を交代することなく最後まで投げさせることができる。
一方セ・リーグは、たとえ調子のいい先発投手のみならず、
もし試合でリードを許している場面は代打を使って点を取らなくてはいけない。
これが一番の理由かね?

昨日の巨人対ロッテの試合・・・
何本ホームランが出ましたか?
ちょっとホームランが出すぎではないかね~~
201005171335000.jpg

交流戦パ・リーグが強い原因は、
セ・リーグの球場の狭さもあるかな?
特に、東京ドーム、神宮、横浜なんかは狭い!
ジャストミートしなくても、
こすった当たりでもすぐホームランになっちゃう。
ホームランは野球の華ですが、あまり多くですぎてもね~

東京ドームを本拠地にしている巨人は、
強力打線を擁し、自分らに有利な球場であることは確かですが、
昨日はロッテに何本ホームラン打たれた?
これじゃ~投手がなかなか育ちにくい環境と言っても仕方ない。

神宮や横浜もそうですが、
東京ドームもフェンスを高くするか柵の設けるかの改善策が必要ではないでしょうか?

球場の狭さを改めて実感した昨日の巨人戦でした。
勝って良かった本当・・・。


by  加賀の武田信玄







スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

加賀の武田信玄

Author:加賀の武田信玄
ようこそ
インテリア クロック
オルゴールフレーム
by IKEDA CO.,LTD

StarFirstWatch

3ET製StarWatch
Present's by サンエタ

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード