スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

13日の続き

漆の日にあわせた神社参拝を終えて、
M漆器組合青年部のメンバーと合流してある場所へ。
201011131354000.jpg
山中漆器伝統産業会館を出発して車で20分で目的地に到着。
ここはどこ?



201011131354001.jpg
メンバーで訪れたのは、「常きげん」でお馴染みの「鹿野酒造」
ここの蔵元を今回特別に見学させてもらった。

201011131551000.jpg
酒屋には必ずあるね~。新酒ができたというお知らせするもの。

201011131549000.jpg
玄関には製造された日本酒も売っています。
お土産に買うお酒は後にして、早速蔵の中へ入りましょう。

201011131424000.jpg
私お酒については詳しくないので、
聞くこと全てが新鮮でした。
日本酒を造る行程をご説明いただきましたが、
漆器同様かなり手の込んだのもであるということは共通している感じが。

日本酒が造られるには、行程段階によって気温なども様々で、
案内された場所は、寒かったり、暑かったり気温の変化が激しい・・・

201011131550000.jpg
行程の説明終了後には、
鹿野酒造の杜氏である農口さんのお話を聞くことができた。
この農口さんは、以前は「菊姫」の酒造りを長年してきた日本酒造りの名人!
でも農口さんは私と同じお酒が飲めないらしい・・・えっ!本当?
元プロサッカーの中田英との対談の様子です。
そういえば、山中温泉のM浦酒造にも来ていたな~
日本酒が好きなんでしょうね~

日本酒には大吟醸や、山廃仕込、生酒など色んな種類があります。
201011131535000.jpg
どう違うかをメンバーでプチききちょこ。
う~ん分からない。美味しいのかどうかも私には分かりません。
お酒が飲めないのに、どうして美味しいお酒を造ることができるのだろうか?
近年、ビールや焼酎にかなり押されて、
ピーク時の10分の1の出荷量になってしまった日本酒・・・
業界は違うがこれも漆器業界を合い通じることです。

農口さんも「若いもんがあまり日本酒を飲まなくなっているからな~」と
嘆いておりました。山中漆器だけに限らず、
漆器全般も若い人に漆器の良さを訴え続けていくしかありません。
お互いに厳しい業界ですね。


by  加賀の武田信玄










スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

加賀の武田信玄

Author:加賀の武田信玄
ようこそ
インテリア クロック
オルゴールフレーム
by IKEDA CO.,LTD

StarFirstWatch

3ET製StarWatch
Present's by サンエタ

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。