スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

百万石まつりも良いけど・・・

石川県金沢市では、
前田利家金沢城入場を祝う「百万石まつり」が行われている。
歴史の好きな私にとっては、一度間近で見てみたいとテレビ中継される度に思うが、
未だ金沢で見たことがない・・・。
いつから百万石まつりがこの時期になったのか?
梅雨に入るまでにやってしまおうということのようです。


加賀市では毎年この時期は菖蒲湯まつりが行われている。
山中、山代などの加賀の温泉に菖蒲を入れて邪気を払うのが目的。

山中温泉でも子供が連なる菖蒲みこしがあり、
山代温泉では・・・
201106042046000.jpg
総湯の周りで毎年賑やかに行われいる。
夜家族で山代温泉に出かけて、すぐ帰るつもりでいたが、

201106042026000.jpg
メインの入湯式が始まり、最後まで見届けることにした。

菖蒲が米俵に入れられ、温泉通りを練り歩き、
最後は温泉に菖蒲を入湯するという儀式。
長男は途中から、みこしの後ろを付いて行き行方不明になるほど大興奮!

201106042128000.jpg
最後は担ぎ手により菖蒲を俵ごとドボン!
見ていて面白いお祭りでしたね。

皆さんお疲れ様でした。


by  加賀の武田信玄


百万石まつりのことを冒頭でも触れましたが、
現在放送中の大河ドラマ「江~姫たちの戦国」でも、
加賀藩前田家に大きな影響があるのです。

加賀藩三代藩主前田利常と結婚するのが、
江の娘の珠姫です。

ドラマではまだ江は徳川秀忠と出会ってすらいませんが、
いずれは秀忠と再婚し、三代将軍家光や豊臣秀頼と結婚する千姫などを生みます。

関が原の戦いの前、前田家に謀反の疑いを徳川家康にかけられ、
前田利家の妻まつは、前田家にはそのようなことがないと訴え、
自ら徳川へ人質として出向き江戸で暮らすことになります。
徳川家の天下になり、前田家との友好関係を築くため、
家康はまだ小さい珠姫を前田家へ輿入れさせます。
江は幼い珠姫を手放すことに大反対しますが、
家康や秀忠に聞き入れてもらえず悲しい親子の別れになってしまう。

父・秀忠が「お珠~!」と絶叫しながら見送るシーンが過去の大河ドラマでもありました。
秀忠は確か西田敏行だったと思います。私も泣いてしまった。

そんな過程で前田家に嫁いだ珠姫と結婚した利常は、
加賀前田家の礎を築きます。
将軍の娘・珠姫と結婚したとはいえ、幕府は何か前田家に落ち度があれば、
領地を没収しようと厳しい監視体制を逃れるため、
鼻毛を伸ばしてわざと凡庸に振舞っていたとも言われています。
利常は前田家最高の名君と言ってもよいでしょうね。

歴史背景を熟知して見るとより百万石まつりも楽しいです。
それにしても江は波乱の生涯だったとこれからのドラマで明らかになることでしょう。










スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

加賀の武田信玄

Author:加賀の武田信玄
ようこそ
インテリア クロック
オルゴールフレーム
by IKEDA CO.,LTD

StarFirstWatch

3ET製StarWatch
Present's by サンエタ

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。