スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大河ドラマ

ヤフーのトピックスで2013年の大河ドラマが、
新島襄の妻・新島八重が主役の「八重の桜」に決まったと出ていた。

今年は「江」、来年は「平清盛」そして再来年が「八重の桜」
新島八重が幕末にいた会津藩、東日本大震災福島原発で被害の出たところが舞台。

なるほど・・・大河ドラマを企画して観光客を取り戻そうという意図のようです。
新島八重・・・知りませんでした。
新島襄なら、同志社大学の創始者として知っていましたが、
知っているのはそれくらい。

どんなドラマになるのだろうか?
夫婦愛?何だか全く知識がないから想像もつきません。

見るしかないか・・・事前に本があれば読んでみるかな。


by  加賀の武田信玄


来年は平清盛。松山ケンイチが主役ですよ。楽しみや。
歴史では最終的に源氏が勝ち、頼朝が鎌倉幕府を開くことになるのですが、
初めて武士の覇者になるのがこの清盛。

朝廷の跡目騒動から、それぞれが武士を頼って権力闘争と繰り広げる。
武士は朝廷や貴族などの門番にすぎなかったが、
いつの間にか混乱に乗じて権力を掌握してしまう・・・
その代表的な例で、その先駆者が清盛。
このような過程から無理やり天皇から実権を奪ったと悪い印象しかないが、
本当清盛はただの独裁者だったのか?

どこか人間として弱さがあった人物とも言われている。
その結果、平治の乱(頼朝の父:義朝)で勝利したにも関わらず、
息子の頼朝を許して生かしてしまう・・・
平氏にとってこれがのちに取り返しのつかないことになってしまうのです。

織田信長が先を急ぎすぎて倒れたように、
この清盛も日本の未来の姿を案じて、腐敗した朝廷の改革を急速に進めたことにより、
多くの反発を受けて、清盛死後は栄華を極めた平氏も滅亡してしまうのです。

なぜ天皇に弓を引かざるをえなかったのか?
それとも天皇中心の国家をなんとかしようと志した革命家なのか?

今この国の多難を乗り越えるには、
権力闘争している政治家よりも、
清盛みたいな人物が必要とされているのではないかな。
















スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

加賀の武田信玄

Author:加賀の武田信玄
ようこそ
インテリア クロック
オルゴールフレーム
by IKEDA CO.,LTD

StarFirstWatch

3ET製StarWatch
Present's by サンエタ

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。