スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ひなまつり

昨日3月3日はひなまつり。
私は仕事から帰宅すると、ひなまつりに相応しい料理を嫁が作ってくれていた。

長女は児童館で作った、
2012-03-03 17.47.45
お内裏様の小物を着けて嬉しそうでした。
児童館では歳時記に合わせた工作やイベントがあるので、
「ひなまつり」がどいうものなのか?イベントをを開催して教えてくれる。

2012-03-03 17.54.17
ひなまつりの料理と言えば、
散らし寿司!ケーキのように盛り付けされたものを長女と寿司入刀!
美味しかったね~

日本の伝統行事であるひなまつり。
これからも毎年長女の成長を喜ぶ機会として続けていくでしょう。


by  加賀の武田信玄

何で、ひなまつりは「桃の節句」なのか?
ひな人形自体は、娘の厄除けとして飾られているものですが、
鬼などの邪からひな人形をお守りするには、
邪よりもより強い守り神が必要です。

そこで童話「桃太郎」で鬼を退治する桃太郎から、
ひなまつりは「桃の節句」と言われるようになったとか。

ひな人形そのものもそれぞれ意味があるようです。
ひな人形の飾りの情景が嫁の輿入れで、雛道具は嫁入り道具。
三人官女は結婚式の「三々九度」の祝い酒を注ぐ人たち。

ひな人形も近年コンパクトになって、
五人囃子までしかいない飾りが主流となっておりますが、
7段飾りにしかいない「右大臣、左大臣」は時の権力者、
「三人上戸」召使いなのか?
ひな人形を見てふと考え込んでしまっっている私でした。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

加賀の武田信玄

Author:加賀の武田信玄
ようこそ
インテリア クロック
オルゴールフレーム
by IKEDA CO.,LTD

StarFirstWatch

3ET製StarWatch
Present's by サンエタ

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。